FXで何やっても勝てなくて、やったコト

異なる時間枠のローソク足をチャート上に重ねて表示するMT4インジケーター「XPeriod」

更新日時:2020年09月17日 11:00

XPeriodスクリーンショット


マルチタイムフレーム分析を行う場合、チャートの時間枠をその都度切り替えて相場を観察する方法か、時間枠の異なるチャートを複数表示する方法で行うことが多いかと思います。


「XPeriod」は表示中のチャート上に、異なる時間枠のローソク足を表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. マルチタイムフレーム分析を採り入れている方


この記事では、「XPeriod」について詳しく解説します。


  1. XPeriodの概要
  2. XPeriodを表示する方法
  3. XPeriodのパラメーター解説
  4. まとめ

XPeriodの概要


インジケーターを起動すると、時間枠を1時間に設定しているチャートでは30分のローソク足、時間枠を30分に設定しているチャートでは15分のローソク足といった具合に、チャートで設定している時間枠の一段階下の時間枠のローソク足が表示されます。


「XPeriod」が表示するローソク足は、表示中のチャート上の直近10本のバーに対応しています。


ローソク足は陽線が水色、陰線は紺色で表示されます。


ローソク足を取り囲むボックスは、表示中のチャート上の対応するバーの状態を示しており、ベージュで表示されている場合は陽線、グレーで表示されている場合は陰線であることを示しています。


「XPeriod」よって表示されるローソク足は、下方向にシフトした状態で表示されるため、高値/安値の値は実際の水準とは異なっている点に注意が必要です。


そのため、このインジケーターが表示するローソク足は、目安程度のものと考えておいた方が良いかと思います。


XPeriodを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

XPeriodのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


XPeriod


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


XPeriodのパラメーター解説


XPeriodパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターの項目は、インジケーターを表示する時間枠を設定する項目、インジケーターが表示するローソク足の表示方法を設定する項目、対応するバーの状態を示すボックスに関する項目などが設けられています。


入力項目 入力内容

TesterMode

テストモードの有効/無効


初期値:false


trueに設定するとテストモードが有効になります。

TimeFrame

時間枠


初期値:0


インジケーターを表示する時間枠を設定します。

History

ローソク足の数


初期値:10


バー何本分のローソク足をチャートに表示するのかを設定します。

Vertical_Shift

上下方向へのシフト


初期値:-60


インジケーターの表示位置が上下に変化します。

DoubleLong

倍にして表示


初期値:false


trueに設定するとローソク足の長さを2倍にして表示します。

OutlineCandles

対応するバーの状態


初期値:true


falseに設定すると対応するバーの状態が非表示になります。

ColorBullShadow

陽線のヒゲの色


初期値:BlanchedAlmond


陽線のヒゲの表示色を設定します。

ColorBullBody

陽線の胴体の色


初期値:NavajoWhite


陽線の胴体の表示色を設定します。

ColorBearShadow

陰線のヒゲの色


初期値:Gainsboro


陰線のヒゲの表示色を設定します。

ColorBearBody

陰線の胴体の色


初期値:Gray


陰線の胴体の表示色を設定します。

BackRoundCandles

バーの表示方法


初期値:True


falseに設定するとバーの表示方法が切り替わります。

OutlineWidth

輪郭の線の太さ


初期値:3


輪郭を表示するラインの太さを設定します。

LabelColor

ラベルの色


初期値:Blue


ラベルの表示色を設定します。


「History」はインジケーターで表示するローソク足の数を設定するための項目で、大きな値に設定すると表示されるローソク足の数が増えます。


「DoubleLong」はローソク足の長さを設定するための項目です。


trueに設定するとローソク足が2倍の長さで表示されます。


まとめ


「XPeriod」の特徴をまとめると以下の通りです。


  1. 異なる時間枠のローソク足をチャート上に表示できる。

  2. チャートを表示している時間枠より1段階下の時間枠のローソク足を表示する。


「XPeriod」は、マルチタイムフレーム分析を採り入れている方に向いているインジケーターです。


表示中のチャートより短い時間枠のローソク足の状態を知りたい場合に、ちょうど良いインジケーターなのではないでしょうか。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事