FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ローソク足に色を着けてトレンドを示すMT4インジケーター「ZoneTrade_v2.3」

更新日時:2020年11月05日 0:53

ZoneTrade_v2.3スクリーンショット


値動きの方向を、一目で確認できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「ZoneTrade_v2.3」は以下のような方に向いています。


  1. 大まかなトレンドの方向を確認したい方

  2. 価格が向かっている方向を一目で確認できる状態にしておきたい方


この記事では、「ZoneTrade_v2.3」について詳しく解説します。


  1. ZoneTrade_v2.3の概要
  2. ZoneTrade_v2.3を表示する方法
  3. ZoneTrade_v2.3のパラメーター解説
  4. まとめ

ZoneTrade_v2.3の概要


「ZoneTrade_v2.3」は、ローソク足の実体部分とヒゲの部分に色をつけてトレンドの方向を表示するインジケーターです。


相場が上昇トレンドにある場合は緑、下降トレンドにある場合は赤、反転の可能性がある場合はグレーで表示され、ローソクの部分とヒゲの部分の表示はパラメーターで調整することができます。


相場が向かっている方向を把握するために使用することができますが、ほとんどのノイズと言っていいようなレベルの値動きにも反応するため注意が必要です。


このインジケーター単体で使用するのは避けた方が良いかもしれません。


自身がメインで分析を行っている時間枠よりも大きい時間枠で使用し、大局的な流れを把握するといった用途に適しています。


ZoneTrade_v2.3を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ZoneTrade_v2.3のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ZoneTrade_v2.3


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ZoneTrade_v2.3のパラメーター解説


ZoneTrade_v2.3パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「ZoneTrade_v2.3」のパラメーターは、ローソク足の表示色と幅を設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

GreenZone

上昇を示すの色


初期値:Green


価格が上昇している時のローソク足の表示色を設定します。

RedZone

下降を示すの色


初期値:Red


価格が下降している時のローソク足の表示色を設定します。

GreyZone

反転の可能性を示す色


初期値:Gray


価格が反転する可能性がある時のローソク足の表示色を設定します。

BodyWidth

ローソク部分の幅


初期値:3


ローソク部分の幅を設定します。


「GreenZone」は価格が上昇している時のローソク足の表示色、「RedZone」は下降している時の表示色を設定するための項目です。


必要な場合は見やすい色へ変更しましょう。


「BodyWidth」はローソク足の実体部分の幅を設定するための項目で、大きな値に設定すること幅が広くなります。


まとめ


「ZoneTrade_v2.3」の特徴をまとめると次の通りです。


  1. 価格が上昇している場合はローソク足を緑色で表示する。

  2. 価格が下降している場合はローソク足を赤色で表示する。

  3. 価格が反転する可能性がある場合はローソク足をグレーで表示する。


「ZoneTrade_v2.3」は価格が向かっている方向を、一目で確認できる状態にしておきたい方に適したインジケーターです。


実際の取引で使用する前に充分なテストを行うことをお奨めします。

関連記事