FXで何やっても勝てなくて、やったコト

CCIをヒストグラムとして表示し、買われすぎ売られすぎレベルに水平線を引くMT4インジケーター『cci_on_stepchannel』

更新日時:2020年04月23日 22:57

cci_on_stepchannelスクリーンショット


CCIは相場のサイクルにもとづいたインジケーターで、相場の過熱感を分析する際によく用いられます。


「cci_on_stepchannel」は、通常のCCIよりも視認性を向上させたインジケーターで、 以下のような方に向いています。


  1. CCIをよく使用する方

  2. CCIのシグナルを見逃したくない方


この記事ではそういった方のために、「cci_on_stepchannel」について解説します。


  1. cci_on_stepchannelの概要
  2. cci_on_stepchannelを表示する方法
  3. cci_on_stepchannelのパラメーター解説
  4. まとめ

cci_on_stepchannelの概要


「cci_on_stepchannel」は、CCIをヒストグラムとして表示し、買われすぎ・売られすぎレベルに水平線を引くMT4用のインジケーターで、CCIが非常に見やすくなり、CCIを使った取引がしやすくなるインジケーターです。


このインジケーターでは、CCIがゼロラインよりも上にあるときにヒストグラムを水色で表示し、逆にCCIがゼロラインよりも下にあるときにヒストグラムを赤色で表示します。


通常のCCIと異なり、ゼロラインの水準を調整できる点も「cci_on_stepchannel」の特徴です。


また、パラメーターの値をもとに、買われすぎレベル及び売られすぎレベルに水平線を表示します。


cci_on_stepchannelを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

cci_on_stepchannelのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


cci_on_stepchannel


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


cci_on_stepchannelのパラメーター解説


cci_on_stepchannelパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

InpScaleFactor

倍率


初期値:2.25


インジケーターの軸になる水準を調整します。

InpMaPeriod

ステップチャネルMAの期間


初期値:3


移動平均の算出期間を設定します。

InpVolatilityPeriod

ステップチャネルボラティリティの期間


初期値:


標準偏差を除算する値を設定します。

InpCCIPeriod

CCIの期間


初期値:32


CCIの算出期間を設定します。


「InpScaleFactor」はCCIのゼロラインの位置を調整するためのインジケーターで、大きな値に設定するほどゼロラインの位置が高くなり、小さな値に設定するほど低くなります。


特にこだわりが無ければ初期設定のまま使用しましょう。


まとめ


「cci_on_stepchannel」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. CCIをヒストグラムで表示する。

  2. CCIがゼロラインより上にあるときは水色のヒストグラムを表示する。

  3. CCIがゼロラインより下にあるときは赤色のヒストグラムを表示する。


「cci_on_stepchannel」は、視認性の高いCCI系のインジケーターを探している方におすすめです。


ヒストグラムとして表示することでCCIがより見やすくなり、シグナルの判断が容易になるので、CCIを使ってトレードしている人にとっては非常に便利なインジケーターではないでしょうか。


気になった方はぜひ試してみてください。

関連記事