FXで何やっても勝てなくて、やったコト

各種アラート機能がついたCCIをMTFで表示するMT4インジケーター『CCI-alert_mtf』

更新日時:2020年04月24日 22:22

CCI-alert_mtfスクリーンショット


「CCI-alert_mtf」は、多機能なCCIを表示するインジケーターで、以下のような方におすすめです。


  1. CCIを使用している方

  2. マルチタイムフレーム分析を採り入れている方

  3. CCIのシグナルを見逃したくない方


上記のような方のためにこの記事では、「CCI-alert_mtf」について解説します。


  1. CCI-alert_mtfの概要
  2. CCI-alert_mtfを表示する方法
  3. CCI-alert_mtfのパラメーター解説
  4. まとめ

CCI-alert_mtfの概要


「CCI-alert_mtf」は、MTFに対応した各種アラート機能がついたCCIをサブウィンドウに表示するMT4用のインジケーターで、買われすぎ・売られすぎレベルのクロス、ゼロラインクロスでアラートをしてくれるインジケーターです。


具体的には、設定した買われすぎレベルを下から上抜けたとき、上から下抜けたとき、売られすぎレベルを下から上抜けたとき、下から上抜けたとき、ゼロラインを下から上抜けたとき、上から下から上抜けたとき、クリティカルレベルをクロスした時にアラートを表示します。


また、このインジケーターはマルチタイムフレームに対応してるので、上位足のCCIを下位足のサブウィンドウに表示することも可能で、さらに、パラメーター設定画面から設定することで、CCIをヒストグラムとして表示することも可能です。


CCI-alert_mtfを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

CCI-alert_mtfのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


CCI-alert_mtf


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


CCI-alert_mtfのパラメーター解説


CCI-alert_mtfパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


CCIPeriod

CCIの期間


初期値:50


CCI の算出期間を設定します。

CCIPrice

CCIの適用価格


初期値:0


CCIの適用価格を設定します。

UpperTrigerLevel

買われすぎレベル


初期値:100


買われすぎと判断するレベルを設定します。

LowerTrigerLevel

売られすぎレベル


初期値:-100


売られすぎと判断するレベルを設定します。

CriticalLevel

クリティカルレベル


初期値:250


クリティカルレベルを設定します。

TimeFrame

時間足


初期値:0


CCIを算出する時間足を設定します。

HISTGRAM

ヒストグラム表示


初期値:false


trueに設定をするとヒストグラム表示が有効になります。

Alerts

アラートのON/OFF


初期値:true


falseに設定するとアラートが無効になります。

MaxBarsToCount

バーカウント


初期値:1500


インジケーターを表示する期間を設定します。


「TimeFrame」は、CCIを算出する時間足を設定するための項目で、0に設定している場合はチャートを表示している時間足が適用されます。


マルチタイムフレームでCCIを表示させる場合、分単位で時間足を指定する必要があります。


例えば、240に設定した場合は4時間足のCCIが表示されます。


「MaxBarsToCount」は、インジケーターを表示する期間を設定するための項目で、100に設定した場合、バー100本分の期間にインジケーターを表示します。


まとめ


「CCI-alert_mtf」を、使用する際のポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 買われすぎ・売られすぎレベル、ゼロライン、重要レベルとCCIがクロスするとアラートで通知する。

  2. マルチタイムフレーム表示に対応している。


「CCI-alert_mtf」は、時間足の異なるCCIが発するシグナルを、見逃したくない方に向いているインジケーターです。


各種アラート機能がついており、マルチタイムフレームでCCIを表示させることが出来る汎用性の高いインジケーターです。


CCIを使ってトレードしている人は是非試してみてはいかがでしょうか。

関連記事