FXで何やっても勝てなくて、やったコト

線形回帰チャネル、放物線回帰チャネル、立法回帰チャネルの内いずれか1つを表示するMT4インジケーター『ang_PR (Din)-v1+SQStdN』

更新日時:2020年03月02日 11:49

ang_PR (Din)-v1+SQStdNスクリーンショット


偏差をもとにチャネルを表示するインジケーターといえば、ボリンジャーバンドが有名ですが、他のインジケーターも試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「ang_PR (Din)-v1+SQStdN」は、回帰チャネルを表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 相場のボラティリティを分析したい方

  2. トレンドの方向を確認したい方


この記事では上記のような方のために、「ang_PR (Din)-v1+SQStdN」について解説していきます。


  1. ang_PR (Din)-v1+SQStdNの概要
  2. ang_PR (Din)-v1+SQStdNを表示する方法
  3. ang_PR (Din)-v1+SQStdNのパラメーター解説
  4. まとめ

ang_PR (Din)-v1+SQStdNの概要


「ang_PR (Din)-v1+SQStdN」は、線形回帰チャネル(liner regression)、放物線回帰チャネル(parabolic regression)、立法回帰チャネル(cubic regression)のいずれか1つをパラメーター画面から設定して表示することとができるMT4用のインジケーターです。


線形回帰とは、一次関数を利用した統計学上の指標のことで、トレンドラインのように高値または安値を結ばずに、設定した期間内の値動きをもとに描画されるラインです。


線形回帰は、中心に引かれている回帰直線、そこから標準誤差を加えた上下のラインで構成されており、線形回帰の傾きで現行トレンドが上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを判断することが出来ます。


また、その傾き具合で現行トレンドの勢いも判断することが出来ます。


さらに、回帰直線と上下ラインの間隔は相場のボラティリティによって変わるため、間隔が広いときは相場が大きく動いてるときなので積極的にエントリーし、逆に間隔が狭いときは相場の動きが乏しくレンジ相場の可能性が高いのでエントリーを控える、といった使い方もできます。


このインジケーターでは上記の線形回帰に加え、放物線回帰と立法回帰というマイナーな指標も表示させることが出来ます。


放物線回帰と立法回帰も、基本的には線形回帰と同じように使用できます。


ang_PR (Din)-v1+SQStdNを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ang_PR (Din)-v1+SQStdNのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ang_PR (Din)-v1+SQStdN


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ang_PR (Din)-v1+SQStdNのパラメーター解説


ang_PR (Din)-v1+SQStdNパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

hours

期間


初期値:120


インジケーターの算出期間を設定します。

m

回帰の種類


初期値:2


インジケーターを算出する回帰の種類を番号で設定します。

i

シフト


初期値:0


値に応じて偏差を算出する期間がシフトします。

kstd

偏差


初期値:2


偏差の値を設定します。

sName

オブジェクト名


初期値:1102


ラインのオブジェクト名を設定します。


「m」を変更することで回帰の種類を選ぶことが出来ます。1で線形回帰、2で放物線回帰、3で立法回帰が表示されます。


まとめ


「ang_PR (Din)-v1+SQStdN」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. 3種類の回帰チャネルを表示できる。

  2. 幅が広い程相場のボラティリティが高いことを示している。

  3. 線形回帰の傾きでトレンドの方向を確認できる。


「ang_PR (Din)-v1+SQStdN」は、トレンドの方向とボラティリティの程度を確認したい方に向いているインジケーターです。


また、ボリンジャーバンドが自身に合わないと感じている方は、こちらのインジケーターを試してみるのも良いかもしれません。


線形回帰、放物線回帰、立法回帰は少しマイナーな指標ですが、シンプルな使い方で判断も容易にできて、有用なインジケーターかと思いますので、気になった方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事