FXで何やっても勝てなくて、やったコト

指数平滑移動平均線をベースにしたチャネルを表示するMT4インジケーター「Vegas1HR」

更新日時:2020年08月17日 07:31

Vegas1HRスクリーンショット


アラート機能付きのチャネルがあればと考えたことはないでしょうか。


「Vegas1HR」は指数平滑移動平均線にもとづくチャネルを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. チャネルを使って取引している方

  2. チャートに張り付いているのが難しい方

  3. シグナルを見逃したくない方


以上のような方のためにこの記事では、「Vegas1HR」について解説します。


  1. Vegas1HRの概要
  2. Vegas1HRを表示する方法
  3. Vegas1HRのパラメーター解説
  4. まとめ

Vegas1HRの概要


インジケーターを起動すると、算出期間の異なる2種類の移動平均線が表示され、算出期間の短い移動平均線は緑のライン、 算出期間の長い移動平均線が青のラインで表示されます。


赤いラインは算出期間の長い移動平均線を上下にシフトしたもので、パラメーターの「RiskModel」でチャネルの幅を変更できます。


価格がラインに接触するとアラートが発せられますが、相場によっては頻繁にアラートが出る場合もありますので、不要な場合は無効にしても良いかもしれません。


また、動きの速い相場では移動平均線の反応が大きく遅れる場合があり、状況によっては移動平均線の算出期間を調整する必要があります。


Vegas1HRを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Vegas1HRのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Vegas1HR


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Vegas1HRのパラメーター解説


Vegas1HRパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Alerts

アラートの有効/無効


初期値:true


falseに設定するとアラートが無効になります。

RiskModel

リスクモード設定


初期値:1


1~4に設定してチャネルの幅を調整します。

MA1

移動平均線1の算出期間


初期値:144


移動平均線1の算出期間を設定します。

MA2

移動平均線2の算出期間


初期値:169


値動きに対するチャネルの反応速度が変化します。


「Alerts」はアラートの有効・無効を設定するための項目です。


trueに設定するとアラートが有効になり、価格とチャネルが接触した時に音声で通知します。


「RiskModel」の値を大きくする程チャネルの幅も広くなり、mode1では青い移動平均線から上下55pipsの水準、上下89pipsの水準、上下144pipsの水準に赤いラインが表示されます。


mode4では、上下144pipsの水準、上下233pipsの水準、上下377pipsの水準に赤いラインが表示されます。


まとめ


「Vegas1HR」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. 2本の移動平均線とチャネルを表示する。

  2. 価格とチャネルが接触するとアラートで通知する。

  3. チャネルの幅を4段階に調整できる。


「Vegas1HR」は、価格とチャネルの交差を見逃したくない方に向いているインジケーターです。


実際の相場でどの程度うまく機能するのかをテストした上で使用した方が良いでしょう。

関連記事