FXで何やっても勝てなくて、やったコト

可変指数動的平均をもとにしたチャネルを表示するMT4インジケーター「Vidya_zone_2」

更新日時:2019年07月23日 06:24

Vidya_zone_2スクリーンショット


「Vidya_zone_2」は、VIDYA(可変指数動的平均)という特殊な平滑化方法で算出したラインをもとに、チャネルを表示するインジケーターで、mladenによって開発されました。


「Vidya_zone_2」の算出には、高値・安値・中央値が用いられ、通常のVIDYAでは同じバーで異なる価格を使用すると、値動きの勢いが異なるためエラーになってしまいます。


そのため、「Vidya_zone_2」では通常のVIDYAとは少し異なった算出方法が用いることで、そういったエラーを回避しています。


インジケーターを起動すると、高値をもとに算出したVIDYAが水色、中央値をもとに算出したVIDYAが点線、安値をもとに算出したVIDYAがオレンジで表示されます。


Vidya_zone_2を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Vidya_zone_2のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Vidya_zone_2

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでVidya_zone_2が表示されました。


Vidya_zone_2のパラメーター解説


Vidya_zone_2パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターはVIDYAの算出に関する項目と、各ラインの表示/非表示を設定する項目で構成されています。


CmoPeriod

CMO期間

SmoothPeriod

平滑化期間

ShowHighLine

上部ラインを表示する

ShowMiddleLine

中間ラインを表示する

ShowLowLine

下部ラインを表示する


開発者によると「Vidya_zone_2」は、ブレイクアウトトレード向けのインジケーターとのことですので、そういった手法を用いている方に、向いているインジケーターと言えます。


相場の状況によっては、算出期間などの調整を行う必要がありそうです。


また、レンジ相場ではダマしのシグナルが多くなるため、そういった場面での使用は避けるか、他のインジケーターと組み合わせて使用した方が良さそうです。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事