FXで何やっても勝てなくて、やったコト

特定の時間帯の高値・安値をもとにレンジを表示するMT4インジケーター「XALIF2」

更新日時:2019年05月25日 03:43

XALIF2スクリーンショット


「XALIF2」は指定した時間帯の高値と安値を検出し、チャート上にその時間帯のレンジを表示するインジケーターで、Shimodaxによって開発されました。


2つの異なる時間帯のレンジを表示することができ、インジケーターを起動すると1番目のレンジが黄色い水平の2本のラインによって表示され、2番目のレンジはオレンジ色のラインで表示されます。


レンジを表示する時間帯は、パラメーターで開始時刻と終了時刻を指定することで変更が可能です。


このインジケーターは1時間足よりも大きな時間枠のチャートでは表示されなくなりますので、使用する場合は1時間足以下の時間枠のチャートを使用しましょう。


XALIF2を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

XALIF2のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


XALIF2

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでXALIF2が表示されました。


XALIF2のパラメーター解説


XALIF2パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターの設定項目は「StartHour1st」「EndHour1st」「StartHour2nd」「EndHour2nd」の4項目のみです。


パラメータの初期設定は「StartHour1st」が5:00、「EndHour1st」が9:00、「StartHour2nd」が12:00、「EndHour2nd」が15:00に設定されています。


StartHour1st

1番目のレンジの検出を開始する時刻

EndHour1st

1番目のレンジの検出を終了する時刻

StartHour2nd

2番目のレンジの検出を開始する時刻

EndHour2nd

2番目のレンジの検出を終了する時刻


特定の時間帯に形成されたレンジの上限と下限が、その後の相場においてサポートラインやレジスタンスラインとして機能することはよくあるため、買いと売りの攻防が起こりそうな水準を推測するために使用できそうです。


また、特定の時間帯のレンジがその後の相場にどのような影響を与えるのかを観察したいという方にとっても、便利なインジケーターなのではないでしょうか。


ブレイクアウト系の手法を採用しているデイトレーダーの方に向いていそうなインジケーターではありますが、他のインジケーターと組み合わせて使用した方が良いのではないかと思います。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事