FXで何やっても勝てなくて、やったコト

NRTRタイプのチャネルを表示するMT4インジケーター「Skyscraper」

更新日時:2020年08月05日 23:34

Skyscraperスクリーンショット


トレンドの転換を分析できるインジケーターを試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「Skyscraper」は、NRTR (Nick Rypock Trailing Reverse) タイプのインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンドの転換を分析したい方

  2. トレンド相場における損切り水準を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「Skyscraper」について解説します。


  1. Skyscraperの概要
  2. Skyscraperを表示する方法
  3. Skyscraperのパラメーター解説
  4. まとめ

Skyscraperの概要


「Skyscraper」を起動すると価格に追従する青色のラインと赤色のラインが表示されます。


価格が上昇している場合はローソク足の下に青色のラインが表示され、下降している場合はローソク足の上に赤色のラインが表示されます。


ラインの色が切り替わった場合は、トレンドが転換した可能性を示唆しています。


また、「Skyscraper」はトレンド相場における損切り水準の目安として使用することも可能です。


Skyscraperを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Skyscraperのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Skyscraper


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Skyscraperのパラメーター解説


Skyscraperパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Length

ATRの算出期間


初期値:10


ATRの算出期間を設定します。

Kv

感度


初期値:0.9


インジケーターの感度を設定します。

StepSize

ステップサイズ


初期値:0


Kvを増加させる間隔を設定します。

Advance

オフセット


初期値:0


インジケーターのオフセットを設定します。

Percentage

パーセンテージ


初期値:0


変動率を設定します。

HighLow

モード切替


初期値:false


trueに設定すると高感度モードが有効になります。

Color

カラーモード


初期値:true


falseに設定するとカラーモードが無効になります。

BarsNumber

バーの数


初期値:0


インジケーターの表示範囲を設定します。


「Kv」は、インジケーターの感度を設定するための項目で、大きな値に設定するほど感度が高くなります。


「StepSize」は、インジケーターの感度を増加させる間隔を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど感度の上昇が早くなります。


まとめ


「Skyscraper」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. 高値・安値にもとづいて価格に追従するNRTRタイプのインジケーター。

  2. 価格が上昇している場合は青色のラインが表示される。

  3. 価格が下降している場合は赤色のラインが表示される。

  4. ラインの色が切り替わった場合トレンドが転換したことを示している。


「Skyscraper」は、トレンドの転換を分析したい方に向いているインジケーターです。


損切りの目安としても使用できるので、トレンドフォロー系の手法を使用している方は試してみると良いでしょう。

関連記事