FXで何やっても勝てなくて、やったコト

フィボナッチリトレースメントを自動で引いてくれるMT4インジケーター『AutoDayFibs_WhiteKnight』

更新日時:2020年01月19日 1:36

AutoDayFibs V1.0 スクリーンショット


サポートラインやレジスタンスラインなどの価格が反転する水準を推測する方法のひとつとして、フィボナッチリトレースメントを使用する方法があります。


「AutoDayFibs_WhiteKnight」は、このフィボナッチリトレースメントを自動的に表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 価格が反転する水準を分析したい方

  2. フィボナッチリトレースメントを手動で引いている方


この記事ではそういった方のために「AutoDayFibs_WhiteKnight」の使い方やパラメーターの設定方法を解説していきます。


  1. AutoDayFibs_WhiteKnightの概要
  2. AutoDayFibs_WhiteKnightを表示する方法
  3. AutoDayFibs_WhiteKnightのパラメーター解説
  4. まとめ

AutoDayFibs_WhiteKnightの概要


「AutoDayFibsWhiteKnight」は、前日の高値・安値をもとにフィボナッチリトレースメントをチャート上に自動で引き、それらのラインの%をテキストで表示するMT4用のインジケーターで、このインジケーターを導入すると、画像のようにフィボナッチリトレースメントの各ラインがオレンジ色の水平線で描画され、各ラインの%がテキストで表示されます。


フィボナッチリトレースメントとは、フィボナッチ数列をもとに作成され、世界中のトレーダーが意識しているサポートライン・レジスタンスラインとして機能するラインのことで、実際に画像でもオレンジ色の水平線が度々サポートライン・レジスタンスラインとして機能しているのが分かるかと思います。


似ているインジケーターとして、以前紹介した「AutoDayFibs V1.0」がありますが、「AutoDayFibs V1.0」はどれがどのラインなのかはテキストで表示されませんが、「AutoDayFibsWhiteKnight」では表示されるため、確認が非常にしやすくなっています。


AutoDayFibs_WhiteKnightを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

AutoDayFibs_WhiteKnightのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


AutoDayFibs_WhiteKnight


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


AutoDayFibs_WhiteKnightのパラメーター解説


AutoDayFibs V1.0 パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「AutoDayFibs_WhiteKnight」のパラメーターは、フィボナッチリトレースメントの基準となる高値と安値を設定する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

daysBackForHigh

高値を参照する日数


初期値:1


何日前の高値を参照するのかを設定します。

daysBackForLow

安値を参照する日数


初期値:1


何日前の安値を参照するのかを設定します。


「daysBackForHigh」と「daysBackForLow」を別々の値に設定すると、複数日にわたるレンジをもとにフィボナッチリトレースメントを表示しますが、特にこだわりがなければ初期設定のままで良いでしょう。


まとめ


「AutoDayFibs_WhiteKnight」について解説してきましたが、最後にポイントをまとめておきましょう。


  1. フィボナッチリトレースメントを自動的に表示する。

  2. フィボナッチリトレースメントの何パーセントのラインなのかをテキストで表示する。


「AutoDayFibs_WhiteKnight」は、フィボナッチリトレースメントを自動的に表示してくれるため、手動でフィボナッチリトレースメントを表示している方に向いているインジケータです。


特に前日のレンジをもとにフィボナッチリトレースメントを引いている方にはおすすめです。

関連記事