FXで何やっても勝てなくて、やったコト

自動でフィボナッチリトレースメントを引き、レートをテキストで表示するMT4インジケーター『AutoDayFibsWhiteKnight』

更新日時:2020年03月10日 0:06

AutoDayFibsWhiteKnightスクリーンショット


サポートラインやレジスタンスラインを、手動で引くことを面倒だと感じたことはないでしょうか。


「AutoDayFibsWhiteKnight」は、サポートラインとレジスタンスラインを自動的に表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. サポートラインやレジスタンスラインを手動で引くのは面倒だと感じている方

  2. サポートラインやレジスタンスラインを引くことに慣れていない方


以上のような方のためにこの記事では、「AutoDayFibsWhiteKnight」について解説していきます。


  1. AutoDayFibsWhiteKnightの概要
  2. AutoDayFibsWhiteKnightを表示する方法
  3. AutoDayFibsWhiteKnightのパラメーター解説
  4. まとめ

AutoDayFibsWhiteKnightの概要


「AutoDayFibsWhiteKnight」は、前日の高値・安値をもとにフィボナッチリトレースメントをチャート上に自動で引き、それらのラインの%をテキストで表示するMT4用のインジケーターで、このインジケーターを導入すると、画像のようにフィボナッチリトレースメントの各ラインがオレンジ色の水平線で描画され、各ラインの%がテキストで表示されます。


フィボナッチリトレースメントとは、フィボナッチ数列をもとに作成され、世界中のトレーダーが意識しているサポートライン・レジスタンスラインとして機能するラインのことで、実際に画像でもオレンジ色の水平線が度々サポートライン・レジスタンスラインとして機能しているのが分かるかと思います。


AutoDayFibsWhiteKnightを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

AutoDayFibsWhiteKnightのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


AutoDayFibsWhiteKnight


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


AutoDayFibsWhiteKnightのパラメーター解説


AutoDayFibsWhiteKnightパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

daysBackForHigh

高値の参照期間


初期値:1


何日前までの高値を参照するのか設定します。

daysBackForLow

安値の参照期間


初期値:1


何日前までの安値を参照するのか設定します。


「daysBackForHigh」と「daysBackForLow」は、それぞれ高値と安値を検出する期間を設定するための項目で、初期設定の状態では前日の価格を参照する設定になっていますが、パラメーターの値を大きくすることで、より長期的な値動きに基づいて、サポートラインとレジスタンスラインを表示することができます。


まとめ


「AutoDayFibsWhiteKnight」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. 自動的にサポートラインとレジスタンスラインを表示する。

  2. 各水準はフィボナッチリトレースメントに基づいている。


「AutoDayFibsWhiteKnight」は、サポートラインやレジスタンスラインを引くことに慣れていない方に、向いているインジケーターです。


先述の通り、フィボナッチリトレースメントは世界中のトレーダーが意識しており、サポートライン・レジスタンスラインとして非常によく機能します。


まだフィボナッチリトレースメントを試していない人は、是非このインジケーターを導入を検討してみてください。

関連記事