FXで何やっても勝てなくて、やったコト

フィボナッチ比率に基づくサポートライン・レジスタンスラインを自動で表示するMT4インジケーター『BobokusFibo_v2』

更新日時:2020年04月11日 10:56

BobokusFibo_v2スクリーンショット


サポートラインやレジスタンスラインの水準を表示するインジケーターの中には、フィボナッチ比率を使用するものがあります。


「BobokusFibo_v2」も、フィボナッチ比率をもとにサポートラインやレジスタンスラインを表示するインジケーターのひとつで、以下のような方に向いています。


  1. サポートライン・レジスタンスラインの水準を分析したい方

  2. サポートライン・レジスタンスラインのブレイクでエントリーした後の利確水準を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「BobokusFibo_v2」について解説します。


  1. BobokusFibo_v2の概要
  2. BobokusFibo_v2を表示する方法
  3. BobokusFibo_v2のパラメーター解説
  4. まとめ

BobokusFibo_v2の概要


「BobokusFibo_v2」は、設定した期間の高値・安値をもとに、フィボナッチ比率にもとづくサポートライン・レジスタンスラインを自動で引いてくれるMT4用のインジケーターです。


似ているインジケーターとして、以前紹介した「BobokusFibo_v1」というインジケーターがあります。


「BobokusFibo_v1」ではパラメーターの設定が出来ず、前日の高値・安値のみをもとにしていましたが、このインジケーターでは、パラメーターの設定が可能で、もとにする期間を変更することができます。


このインジケーターでは、ピボットラインを中心として上下6本ずつの水平線が引かれます。


ピボットラインより上のラインは下から順に、イントラデイのロング利確目安ライン、R1、前日高値、デイリーのロング利確目安ライン1〜3となっており、ピボットラインより下のラインは上から順に、イントラデイのショート利確目安ライン、S1、前日安値、デイリーのショート利確目安ライン1〜3となっています。


フィボナッチ比率にもとづくラインは、世界中のトレーダーが意識しており非常によく機能するので、レジスタンスラインやサポートラインとして使ったり、押し目・戻りの目安として使ったりとさまざまな使い方が出来るかと思います。


BobokusFibo_v2を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

BobokusFibo_v2のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


BobokusFibo_v2


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


BobokusFibo_v2のパラメーター解説


BobokusFibo_v2パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

TimeFrame

タイムフレーム(分)


初期値:60


インジケーターを算出する時間足を設定します。

Fibo_Num

フィボナッチナンバー


初期値:12345


オブジェクトに表示する番号設定します。

Intra_color

イントラデイラインの色


初期値:RoyalBlue


イントラデイラインの表示色を設定します。

UppertColor

デイリーロングの色


初期値:Blue


ロングの利確目安ラインの表示色を設定します。

LowerColor

デイリーショートの色


初期値:DodgerBlue


ショートの利確目安ラインの表示色を設定します。


「TimeFrame」はインジケーターを算出する時間を設定するための項目で、初期設定の状態では60分に設定されており、1時間前のレンジにもとづいて各ラインが表示されます。


「Intra_color」「UppertColor」「LowerColor」は、それぞれのラインの色を設定するための項目で、必要に応じて見やすい色に変更しましょう。


まとめ


「BobokusFibo_v2」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. フィボナッチ比率にもとづいて、サポートライン・レジスタンスラインを自動的に表示する。

  2. ピボットラインより上には、イントラデイのロング利確目安ライン、R1、前日高値、デイリーのロング利確目安ライン1〜3が表示される。

  3. ピボットラインより下には、イントラデイのショート利確目安ライン、S1、前日安値、デイリーのショート利確目安ライン1〜3が表示される。


「BobokusFibo_v2」は、短期的なサポートラインやレジスタンスラインの水準を、分析したい方に向いているインジケーターです。


先述の通り、フィボナッチ比率にもとづくサポートライン・レジスタンスラインは世界中のトレーダーが意識しており、非常によく機能します。


また、このインジケーターではパラメーターの「TimeFrame」を変更することにより、各々のトレードスタイルに合ったラインを表示できるので、まだフィボナッチ比率にもとづく水平線を試していない人は、一度このインジケーターを導入してみると良いでしょう。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事