FXで何やっても勝てなくて、やったコト

フィボナッチリトレースメントをもとにしたオシレーターのシグナルを矢印で表示するMT4インジケーター「wajdyss_FIBO_S_Indicator_V1」

更新日時:2019年06月10日 06:30

wajdyss_FIBO_S_Indicator_V1スクリーンショット


「wajdyss_FIBO_S_Indicator_V1」は、FIBO_Sというフィボナッチリトレースメントをもとにしたオシレーターがベースになっているインジケーターです。


FIBO_Sの値がマイナス圏からプラス圏へ転換した場合には緑色の上向きの矢印が表示され、反対にプラスからマイナス圏へ転換した場合には下向きの赤い矢印を表示します。


FIBO_Sは上昇の値動きをもとにしたフィボナッチリトレースメントなのか、下降の値動きをもとにしたリトレースメントなのかによって算出方法が異なります。


下降の場合=(直近の終値-算出期間中の安値-算出期間中の高値と安値の差)×通貨ペアの小数点以下の桁数


上昇の場合=(算出期間中の高値と安値の差-算出期間中の高値-直近の終値)×通貨ペアの小数点以下の桁数


高値と安値の検出にはジグザグが用いられているようです。


wajdyss_FIBO_S_Indicator_V1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

wajdyss_FIBO_S_Indicator_V1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


wajdyss_FIBO_S_Indicator_V1

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでwajdyss_FIBO_S_Indicator_V1が表示されました。


wajdyss_FIBO_S_Indicator_V1のパラメーター解説


wajdyss_FIBO_S_Indicator_V1パラメーター画像


パラメーター項目は「TargetPeriod」「FiboPeriod」「Pips」「alert」の4項目で、初期設定値は「TargetPeriod」が34、「FiboPeriod」が17、「Pips」が20、「alert」がtrueに設定されています。


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


TargetPeriod

FIBO_Sの目標水準算出期間

FiboPeriod

フィボナッチリトレースメントの算出期間

Pips

矢印の価格座標

alert

アラートの有効/無効


ベースになっているFIBO_S自体が特殊なインジケーターですので、「wajdyss_FIBO_S_Indicator_V1」を使用する前に、まずはFIBO_Sを試しに触ってみることをお奨めします。


FIBO_Sをすでに使用しており、FIBO_Sの値が0と交差したタイミングとその方向だけ表示できれば良いという方には良いインジケーターかもしれません。


矢印はエントリーの方向を示すものですが、実際の取引で使用する前にどの程度機能するのか十分に確認した上で使用しましょう。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事