FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドの方向を3本のラインで表示するMT4インジケーター「StepMA_3D_v3」

更新日時:2020年12月04日 21:17

StepMA_3D_v3スクリーンショット


移動平均線のノイズにダマされた経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。


「StepMA_3D_v3」は、ノイズを抑えた移動平均線のようなラインを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの方向を分析したい方

  2. トレンドの有無を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「StepMA_3D_v3」について解説します。


  1. StepMA_3D_v3の概要
  2. StepMA_3D_v3を表示する方法
  3. StepMA_3D_v3のパラメーター解説
  4. まとめ

StepMA_3D_v3の概要


「StepMA_3D_v3」を起動するとチャート上に、緑色、ピンク、水色のラインが表示されます。


緑色の色のラインはfastライン、ピンクがmidライン、水色がslowラインです。


fastラインが価格にもっとも速く反応し、slowラインがもっとも遅く反応します。


3本のラインが上から緑色、ピンク、水色の順に並んでいる場合、上昇トレンドが発生した可能性を示しています。


反対に、下から緑色、ピンク、水色の順に並んでいる場合は、下降トレンドのシグナルです。


このインジケーターによって表示されるラインは、一般的な移動平均線と異なり、価格に一定以上の変化がなければ水平なラインが表示されます。


そのため、動意の薄い相場でのノイズも少なくなっているので、ダマしに合う確率を下げられるでしょう。


StepMA_3D_v3を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

StepMA_3D_v3のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


StepMA_3D_v3


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


StepMA_3D_v3のパラメーター解説


StepMA_3D_v3パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Length

期間


初期値:10


インジケーターの算出期間を設定します。

Kv

係数


初期値:1


インジケーターの変化幅を設定します。

MA_Mode

移動平均の種類


初期値:0


移動平均線の算出方法を設定します。

StepSizeMIN

最小ステップサイズ


初期値:0


ラインを描写する最小値幅を設定します。

StepSizeMAX

最大ステップサイズ


初期値:0


ラインを描写する最大値幅を設定します。

ShiftMIN

MINラインのシフト


初期値:0


MINラインのオフセットを設定します。

ShiftMID

MIDラインのシフト


初期値:0


MIDラインのオフセットを設定します。

ShiftMAX

MAXラインのシフト


初期値:0


MAXラインのオフセットを設定します。


「Kv」は「StepSizeMIN」や「StepSizeMAX」に乗算する係数を設定するための項目です。


大きな値に設定するとラインの変化が大きくなり、各ラインが離れた位置に表示されます。


「StepSizeMIN」は、ラインを描写する最小値幅を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、小さな価格の変化は無視され、水平なラインが表示されやすくなります。


まとめ


「StepMA_3D_v3」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 価格に一定以上の変化がない場合は水平なラインが表示される。

  2. 上から順に緑色、ピンク、水色の順に並んでいる場合は上昇トレンドのシグナル。

  3. 下から順に緑色、ピンク、水色の順に並んでいる場合は下降トレンドのシグナル。


「StepMA_3D_v3」は、トレンドの有無を分析したい方に適したインジケーターです。


ダマしに引っかかってしまう確率も下げられるので、トレンド系のインジケーターのノイズに悩まされている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事