FXで何やっても勝てなくて、やったコト

4種類の移動平均線をもとにトレンドの有無と方向を表示するMT4インジケーター「Raghee_Vague」

更新日時:2021年07月05日 19:26

Raghee_Vagueスクリーンショット


トレンドの有無を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Raghee_Vague」は、4種類の移動平均線をベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの有無を分析したい方

  2. トレンドの方向を分析したい方

  3. チャートを観察できる時間が限られている方


以上のような方のためにこの記事では「Raghee_Vague」について解説します。


  1. Raghee_Vagueの概要
  2. Raghee_Vagueを表示する方法
  3. Raghee_Vagueのパラメーター解説
  4. まとめ

Raghee_Vagueの概要


「Raghee_Vague」を起動すると、6本のラインが表示されます。


青色のラインは高値の指数平滑移動平均線、赤色のラインは安値の姿勢平滑移動平均線です。


水色のラインは終わりでの指数平滑移動平均線で、いずれも算出期間は34に固定されています。


グレーのラインは高値と安値の移動平均線の差をもとに算出したチャネルです。


チャネル上部のラインは、高値のEMAに上記の差を加算して算出。


下部のラインは、安値のEMAから差を減算して算出されます。


黄色のラインは単純移動平均線で、算出期間は200に固定されています。


終値が高値と安値の移動平均線と交差したことを、アラートで通知することもできます。


価格が高値の移動平均線より上で推移している場合、強い上昇トレンドが発生している可能性があります。


反対に、価格が安めの移動平均線より下で推移している場合、強い下降トレンドが発生している可能性を示しています。


Raghee_Vagueを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Raghee_Vagueのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Raghee_Vague


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Raghee_Vagueのパラメーター解説


Raghee_Vagueパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Raghee_Vague」のパラメーターは、2種類の項目で構成されています。


入力項目 入力内容

Alarm

アラート


初期値:false


trueに設定するとアラートが有効になります。

timeframe

時間枠


初期値:0


インジケーターを算出する時間枠を設定します。


「Alarm」はアラートの有効・無効を設定するための項目です。


falseに設定するとアラートが無効になり、trueに設定すると有効になります。


「timeframe」は、インジケーターを算出する時間枠を設定するための項目です。


時間枠は分単位で設定する必要があり、0に設定した場合はチャートの時間枠が適用されます。


まとめ


「Raghee_Vague」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 4種類の移動平均線をベースにしたインジケーター

  2. 青色のラインは高値の移動平均線、水色のラインは終値の移動平均線、赤色のラインは安値の移動平均線

  3. 黄色いラインは200期間単純移動平均線

  4. 終値がグレーのラインと交差するとあの後で通知する。


「Raghee_Vague」は、トレンドの有無を分析したい方に向いているインジケーターです。


メジャーのインジケーターではないので、実際の相場でどの程度をうまく機能するのかを確認してから使用した方が良いでしょう。

関連記事