FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドの始まりをアラートで通知するMT4インジケーターを表示する「SSL_channel_chart_alert」

更新日時:2020年11月07日 11:57

SSL_channel_chart_alertスクリーンショット


トレンドが発生したことを知らせてくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「SSL_channel_chart_alert」は、2つの移動平均線をベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドを捉えたい方

  2. トレンドの転換を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「SSL_channel_chart_alert」について解説します。


  1. SSL_channel_chart_alertの概要
  2. SSL_channel_chart_alertを表示する方法
  3. SSL_channel_chart_alertのパラメーター解説
  4. まとめ

SSL_channel_chart_alertの概要


インジケーターを起動すると、チャート上に緑色と赤色のラインが表示されます。


「SSL_channel_chart_alert」は、高値の単純移動平均線と安値の単純移動平均線をベースにしたインジケーターです。


緑色のラインが赤色のラインを下から上に抜けた場合は、上昇トレンドが発生した可能性を示唆しています。


反対に緑色のラインが赤色のラインを上から下に抜けた場合は、下降トレンドが発生した可能性を示唆しています。


また、ラインがクロスするとアラートで通知します。


SSL_channel_chart_alertを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

SSL_channel_chart_alertのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


SSL_channel_chart_alert


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


SSL_channel_chart_alertのパラメーター解説


SSL_channel_chart_alertパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「SSL_channel_chart_alert」のパラメーターは、移動平均線の算出期間を設定するための項目とアラートの有無を設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

Lb

算出期間


初期値:10


移動平均線の算出期間を設定します。

alertsOn

アラートの有無


初期値:false


trueに設定するとアラートが有効になります。

alertsMessage

アラートメッセージの有無


初期値:true


falseに設定するとメッセージによるアラートが無効になります。

alertsSound

音声アラートの有無


初期値:false


trueに設定すると音声アラートが有効になります。

alertsEmail

メールアラート有無


初期値:false


trueに設定するとメールアラートが有効になります。


「Lb」は、移動平均線の算出期間を設定するための項目で、設定値に応じてインジケータの反応速度が変化します。


「alertsOn」から「alertsEmail」までの項目は、それぞれのアラートを使用するか否かを設定するための項目です。


初期設定の状態では音声アラートのみが有効になっていますので、他のアラートも必要な場合はパラメーターを変更しましょう。


まとめ


「SSL_channel_chart_alert」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 2種類の移動平均線をベースにしたインジケーター。

  2. トレンドの発生をアラートで通知する。


「SSL_channel_chart_alert」は、トレンドを捉えたい方に向いているインジケーターです。


アラート機能も付いているので、トレンドの発生を見逃すことはないでしょう。

関連記事