FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドの転換を分析しやすい移動平均線を表示するMT4インジケーター「SSL」

更新日時:2020年11月07日 23:55

SSLスクリーンショット


MT4インジケーターには、さまざま移動平均が存在しますが、トレンドの転換の分析に向いている移動平均線はないだろうかと考えたことはないでしょうか。


「SSL」は、単純移動平均線をベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドフォロー系の手法を使用している方

  2. 既存のトレンドが転換する兆候を分析したい方


上記のような方のためにこの記事では、「SSL」について解説します。


  1. SSLの概要
  2. SSLを表示する方法
  3. SSLのパラメーター解説
  4. まとめ

SSLの概要


インジケーターを起動すると、チャート上に青色の破線が表示されます。


「SSL」の算出方法は以下の通りです。


終値>高値の「Lb」期間単純移動平均線の場合、Hld=1


終値<安値の「Lb」期間単純移動平均線の場合、Hld=-1


Hld=-1の場合は、SSL=高値の「Lb」期間単純移動平均線


Hld=1の場合は、SSL=安値の「Lb」期間単純移動平均線


「SSL」は、2種類の移動平均線を状況に応じて自動的に切り替えて表示しています。


トレンド相場内で価格がSSLと接触した場合、トレンドの勢いが一時的に衰えているか、転換する可能性を示唆しています。


このインジケーターに限った話ではありませんが、トレンド系のインジケーターはレンジ相場や動意の薄い相場ではダマしのシグナルが多くなるので注意しましょう。


SSLを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

SSLのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


SSL


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


SSLのパラメーター解説


SSLパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「SSL」のパラメーターは、移動平均線の算出期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

Lb

算出期間


初期値:10


移動平均線の算出期間を設定します。


「Lb」は移動平均線の算出期間を設定するための項目です。


大きな値に設定するとノイズが少なくなる一方で価格に対する反応が鈍くなります。


反対に小さな値に設定した場合は価格に俊敏に反応しますが、ノイズも多くなります。


パラメーター自体は非常にシンプルなため、設定で戸惑うことはほとんどないでしょう。


まとめ


「SSL」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 終値が高値の移動平均線の値を上回っている場合は高値の移動平均線を表示する。

  2. 終値が安値の移動平均線の値を下回っている場合は安値の移動平均線を表示する。

  3. インジケーターと価格が接触した場合、既存のトレンドの勢いが衰えているか転換する可能性を示している。


「SSL」は、既存のトレンドが転換する兆候を早めに捉えたい方に向いているインジケーターです。


「SSL」と価格が接触したからといって、必ずトレンドが転換するわけではありませんが、このインジケーターを使用することで早めに備えておくことができます。


実際の取引で使用する前に、どの程度うまく機能するのかあらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。

関連記事