FXで何やっても勝てなくて、やったコト

RSIと移動平均線をもとに取引のタイミングを表示するMT4インジケーター「RSI_R2_Indi_v2.1」

更新日時:2022年03月26日 15:30

RSI_R2_Indi_v2.1スクリーンショット


逆張りのタイミングがわかるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「RSI_R2_Indi_v2.1」は、移動平均線とRSIをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 逆張りでエントリーしたい方

  2. シグナルがわかりやすいインジケーターを探している方


この記事では、「RSI_R2_Indi_v2.1」について詳しく解説します。


  1. RSI_R2_Indi_v2.1の概要
  2. RSI_R2_Indi_v2.1を表示する方法
  3. RSI_R2_Indi_v2.1のパラメーター解説
  4. まとめ

RSI_R2_Indi_v2.1の概要


「RSI_R2_Indi_v2.1」を起動すると、チャート上に移動平均線とマーカーが表示されます。


「RSI_R2_Indi_v2.1」では移動平均線と終値の水準、RSIのレベルをもとにシグナルを表示しています。


買いエントリーのシグナルは上向きの矢印、売りエントリーのシグナルは下向きの矢印で表示。


また、イグジットのシグナルもグレーのマーカーで表示されます。


RSI_R2_Indi_v2.1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RSI_R2_Indi_v2.1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RSI_R2_Indi_v2.1


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


RSI_R2_Indi_v2.1のパラメーター解説


RSI_R2_Indi_v2.1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Use_Hull

Hull移動平均の有効・無効


初期値:false


trueに設定するとHull移動平均が有効になります。

Ma_Periods

移動平均線の算出期間


初期値:200


移動平均線を算出する期間を設定します。

Ma_Type_if_not_Hull

移動平均の種類


初期値:0


移動平均線の算出方法を設定します。

Ma_Applied_Price

移動平均線の適用価格


初期値:0


移動平均線の算出に用いる価格を指定します。

RsiPeriods

RSIの算出期間


初期値:2


RSIを算出する期間を設定します。

Rsi_Applied_Price

RSIの適用価格


初期値:0


RSIの算出に用いる価格を指定します。

BuyIfDay1RsiBelow

Day1Rsiの買いシグナル


初期値:65


Day1Rsiで買いシグナルを出す閾値を設定します。

BuyIfDay3RsiBelow

Day3Rsiの買いシグナル


初期値:65


Day3Rsiで買いシグナルを出す閾値を設定します。

SellIfDay1RsiAbove

Day1Rsiの売りシグナル


初期値:35


Day1Rsiで売りシグナルを出す閾値を設定します。

SellIfDay3RsiAbove

Day3Rsiの売りシグナル


初期値:35


Day3Rsiで売りシグナルを出す閾値を設定します。

CloseBuyIfRsiAbove

買いイグジットのシグナル


初期値:75


買いイグジットのシグナルを出す閾値を設定します。

CloseSellIfRsiBelow

売りイグジットのシグナル


初期値:25


売りイグジットのシグナルを出す閾値を設定します。

ShowBars

表示範囲


初期値:10000


シグナルを表示する範囲を設定します。


「Use_Hull」は、Hull移動平均線を有効にするか否かを設定するための項目です。


trueに設定すると有効になり、falseに設定すると無効になります。


「Use_Hull」をtrueに設定すると「Ma_Type_if_not_Hull」の設定は無効になるので注意しましょう。


「BuyIfDay1RsiBelow」「BuyIfDay3RsiBelow」を変更する場合は、65より小さく設定する必要があります。


「SellIfDay1RsiAbove」「SellIfDay3RsiAbove」は、35より大きく設定しなければなりません。


まとめ


「RSI_R2_Indi_v2.1」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. 移動平均線とRSIにもとづいてトレードのシグナルを表示する

  2. 買いシグナルは上向きの矢印、売りシグナルは下向きの矢印で表示される

  3. イグジットのシグナルはグレーのマーカーで表示


「RSI_R2_Indi_v2.1」は、逆張りでエントリーしたい方に向いているインジケーターです。


本番の取引で使用する前に、シグナルの精度を確認した方が良いでしょう。

関連記事