FXで何やっても勝てなくて、やったコト

T3移動平均線をもとに値動きの方向を表示するインジケーター「ForecastOscOld」

更新日時:2021年09月18日 22:11

RD-ForecastOscOldスクリーンショット


トレンド相場でいつエントリーすべきか迷った経験はないでしょうか。


「RD-ForecastOscOld」は、トレンド相場でエントリーするタイミングを分析できるインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンドフォロー型の手法を使用している方

  2. トレンドを捉えたい方

  3. トレンドに沿った方向にエントリーしたい方


上記のような方のためにこの記事では、「RD-ForecastOscOld」について解説します。


  1. RD-ForecastOscOldの概要
  2. RD-ForecastOscOldを表示する方法
  3. RD-ForecastOscOldのパラメーター解説
  4. まとめ

RD-ForecastOscOldの概要


「RD-ForecastOscOld」は、T3移動平均線をベースにしたインジケーターです。


使い方はMACDと似ていますが、まったく別のインジケーターと考えた方が良いでしょう。


「RD-ForecastOscOld」は、青色と赤色のラインで構成されており、ライン同士の交差をシグナルとして使用します。


青色のラインが赤色のラインを下から上に抜けた場合は、価格が上に向かっていることを示しています。


反対に青色のラインが赤色のラインを上から下に抜けた場合、価格が下に向かっていることを示すシグナルです。


トレンド相場内であっても、トレンドに逆らった方向へシグナルが出るケースも多いので注意が必要です。


そのため、「RD-ForecastOscOld」単体でトレンドの転換を判断するのは避けた方が良いでしょう。


トレンドの方向を確認した上で、エントリーするタイミングを分析するといった用途に適しているインジケーターと言えます。


RD-ForecastOscOldを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RD-ForecastOscOldのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RD-ForecastOscOld


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


RD-ForecastOscOldのパラメーター解説


RD-ForecastOscOldパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「RD-ForecastOscOld」に、トレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

なし

変更可能なパラメーターはありません。


まとめ


「RD-ForecastOscOld」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. T3移動平均線をベースにしたインジケーター

  2. 青色のラインが赤色のラインを上から下に抜けた場合は、価格が下に向かっている状態

  3. 青色のラインが赤色のラインを下から上に抜けた場合は、価格が上に向かっている状態

  4. レンジ相場ではダマしのシグナルが多くなる


「RD-ForecastOscOld」は、トレンド相場でエントリーするタイミングを分析したい方に向いているインジケーターです。


先述の通り、レンジ相場ではダマしのシグナルが多くなるので、トレンドの有無を判断できるインジケーターと組み合わせて使用した方が良いでしょう。


トレンドフォロー型の手法を使用している方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事