FXで何やっても勝てなくて、やったコト

MACDのシグナルを矢印で表示してアラートで通知するMT4インジケーター「Tipu_MACD」

更新日時:2020年05月16日 19:38

Tipu_MACDスクリーンショット


MACDは大抵のチャートソフトに組み込まれており、トレンド系のインジケーターの中では、定番になっています。


MT4にもMACDが標準でインストールされていますが、シグナルをアラートで通知する機能は付いていません。


そのため、アラート機能が付いたMACDがあればと考えている人もいるのではないでしょうか。


「Tipu_MACD」は、アラート機能付きのMACDを表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. MACDのシグナルを見逃したくない方

  2. チャートに張り付いていることが困難な方


以上のような方のためにこの記事では、「Tipu_MACD」について解説します。


  1. Tipu_MACDの概要
  2. Tipu_MACDを表示する方法
  3. Tipu_MACDのパラメーター解説
  4. まとめ

Tipu_MACDの概要


「Tipu_MACD」は、MACDの発するシグナルをアラート通知するほか、シグナルに応じた矢印を表示します。


「Tipu_MACD」がシグナルを表示する条件は、MACDとシグナルラインが交差した場合と、 MACDが0の水準と交差した場合です。


パラメーターから条件ごとにアラートを無効化することもできます。


また、シグナルが表示された場合、音声通知、画面通知、モバイル通知で通知することもでき、個別に有効/無効を設定可能です。


Tipu_MACDを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Tipu_MACDのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Tipu_MACD


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Tipu_MACDのパラメーター解説


Tipu_MACDパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

MACD Mode

MACDのモード設定


初期値:Lines&Histogram


MACDの表示モードを設定します。

Fast EMA Period

高速EMA算出期間


初期値:12


高速EMAの算出期間を設定します。

Slow EMA Period

低速EMA算出期間


初期値:26


低速EMAの算出期間を設定します。

Signal SMA Period

シグナル平滑化期間


初期値:9


シグナルラインの平滑化期間を設定します。

Applied Price

適用価格


初期値:CLOSE


適用価格の種類を設定します。

Mark Buy/Sell Signals

シグナルの表示方法


初期値:Arrows


シグナルを表示するマーカーの種類を設定します。

Arrow offset (pips)

矢印の表示位置


初期値:5


矢印とローソク足の距離を設定します。

Up Color

上昇シグナルの色


初期値:C'31,159,192'


上昇シグナルの表示色を設定します。

Down Color

下降シグナルの色


初期値:C'230,77,69'


下降シグナルの表示色を設定します。

Zero Line Cross

0水準交差検出の有効/無効


初期値:true


falseに設定すると0水準と交差してもシグナルは表示されません。

Main Signal Cross

MACDとシグナルラインの交差検出の有効/無効


初期値:true


falseに設定するとMACDとシグナルラインが交差してもシグナルは表示されません。

Alert Shift

アラートのシフト


初期値:1


アラートの表示位置を設定します。

Alert Mobile

モバイル通知の有効/無効


初期値:false


trueに設定するとモバイル通知が有効になります。

Alert Onscreen

画面通知の有効/無効


初期値:false


trueに設定すると画面通知が有効になります。

Alert Email

メール通知の有効/無効


初期値:false


trueに設定するとメール通知が有効になります。


「MACD Mode」は、MACDの表示方法を設定するための項目で、MACDのみ表示、ヒストグラムのみ表示、両方表示するモードから選択可能です。


「Mark Buy/Sell Signals」は、シグナルを表示するマーカーを設定するための項目で、矢印と垂直なラインの2種類を選択できます。


「Zero Line Cross」「Main Signal Cross」は、シグナルを表示する条件を設定するための項目で、falseに設定するとシグナルが表示されなくなります。


まとめ


「Tipu_MACD」を使用する上でのポイントをまとめると以下のようになります。


  1. アラート機能付きのMACDを表示する。

  2. MACDとシグナルラインのクロスやMACDと0水準がクロスするとシグナルを表示する。


「Tipu_MACD」は、MACDのシグナルを見逃したくない方に、おすすめのインジケーターです。


アラート機能だけではなくシグナルがマーカーで表示されるため、シグナルを見逃すことはないでしょう。


アラート機能付きのMACDを探している方には、ちょうどよいインジケーターなのではないでしょうか。

関連記事