FXで何やっても勝てなくて、やったコト

5SMAと34SMAの乖離率を表すヒストグラムと上下2本のバンドを表示するMT4インジケーター『AdvancedGetOscillator』

更新日時:2019年01月15日 11:17

AdvancedGetOscillatorスクリーンショット


AdvancedGetOscillatorは、サブウィンドウに5SMAと34SMAの乖離率を表すヒストグラムと上下2本のバンドを表示するMT4用のインジケーターで、このインジケーターに関する情報が見つからなかったため、上下バンドが何を表しているのかは不明です。


ヒストグラムに関しては5SMAと34SMAの乖離率を表しており、5SMAが34SMAよりも上にある時はヒストグラムのバーを上に表示し、逆に5SMAが34SMAよりも下にあるときはバーを下に表示します。


ちなみに乖離率とは、2本の移動平均線がどのくらい離れているかを数値化したもので、例えば2本の移動平均線が重なっている場合、乖離率は0ということになります。


上下バンドが何を表しているかの詳細は分かりませんが、おそらく、ヒストグラムが上下バンドのどちらかを超えた場合、山と谷を示唆してるのかと思います。実際にチャートを遡ってみてみると、ヒストグラムが上下バンドを超えた後に山もしくは谷が発生し反転している動きが多々見受けられました。


今回は、この「AdvancedGetOscillator」をMT4で表示する方法とそのパラメーター解説していきます。


AdvancedGetOscillatorの入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

AdvancedGetOscillatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


AdvancedGetOscillator

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでサブウィンドウに5SMAと34SMAの乖離率と上下バンドのヒストグラムが表示されました。


AdvancedGetOscillatorのパラメーター解説


このインジケーターではパラメーターの変更は一切できません。おそらく製作者がこのインジケーターを最適化しているためかと思われます。


情報が少なく謎なインジケーターではありますが、パッと見ではこのインジケーターのみをトレードに使用したとしても、かなり精度が高く、正確に山と谷を捉えているように思えます。


押し目買い戻り売りや逆張りの手法を使っている方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事