FXで何やっても勝てなくて、やったコト

設定した期間のローソク足の値動きを平均化したオシレーターを表示するMT4インジケーター『Amplitude_short』

更新日時:2019年02月13日 04:37

Amplitude_shortスクリーンショット


Amplitude_shortは、設定した期間のローソク足の値動きを平均化してオシレーターとして表示するMT4用のインジケーターで、実体やヒゲを合わせた全ての値動きだけでなく、実体とヒゲの個別の値動きもオシレーター化して表示します。


このインジケーターについて言及されている海外サイトによると、このインジケーターで表示されるそれぞれのラインは以下のような意味合いを持つそうです。なお、()内は使用されている計算式です。


赤色の実線・・・ローソク足全体の値動き(高値-安値)

緑色の実線・・・ローソク足の実体の値動き(陽線の場合、終値-始値)

白色の実線・・・ローソク足のヒゲ全体の値動き(陽線の場合、(高値-終値)+(始値-安値))

白色の点線・・・ローソク足の上ヒゲの値動き(陽線の場合、高値-終値)

白色の点線・・・ローソク足の下ヒゲの値動き(陽線の場合、始値-安値)


似ているインジケーターとして、以前紹介した「Amplitude_all」というインジケーターがありますが、相違点としてこのインジケーターでは参照する期間が設定可能になっている点が挙げられます。


「Amplitude_all」はMT4で表示可能な全期間のローソク足が参照されてしまうため、使い方が難しいインジケーターでしたが、このインジケーターでは参照期間が設定できるため、相場の動きやボラティリティを判断するのに役立つかと思います。


今回は、この「Amplitude_short」をMT4で表示する方法とそのパラメーターについて解説していきます。


Amplitude_shortの入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Amplitude_shortのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Amplitude_short

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これで設定した期間のローソク足の値動きを平均化したオシレーターが表示されました。


Amplitude_shortのパラメーター解説


Amplitude_shortパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


AveragePeeriod

平均化する期間

DrawBars

バーカウント


先述の通り、「Amplitude_all」と異なり参照する期間が設定できるため、非常に使いやすくなっているインジケーターです。


ただし、このインジケーターで表示されるオシレーターはあくまでローソク足の値動きを平均化した値なので、オシレーターの向きがトレンドの方向を表しているわけではないという点に注意しましょう。


各々のトレードスタイルに合わせて期間を自由に設定できるため、どんな人にもおすすめのインジケーターです。気になった方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事