FXで何やっても勝てなくて、やったコト

「Aroon」の2本のラインの乖離率を示唆するヒストグラムを表示するMT4インジケーター『Aroon Oscilator_v1』

更新日時:2019年03月06日 09:49

Aroon Oscilator_v1スクリーンショット


Aroon Oscilator_v1は、通常、2本のラインでトレンドの有無とトレンド転換の可能性を示唆する「Aroon」というテクニカル指標を、2本のラインではなく2本のラインの乖離率を表すヒストグラムを表示することによってより「Aroon」が見やすくなるMT4用のインジケーターです。


ちなみにAroonとはトレンドの転換点・トレンドの有無を確認することが出来るテクニカル指標で、上昇トレンドを表すAroon upと下降トレンドを表すAroon downの2本のラインで構成されます。


Aroon upがAroon downを下から上に抜けた場合、上昇トレンドが始まった可能性を示唆し、逆に、Aroon down がAroon upを下から上に抜けた場合、下降トレンドが始まった可能性を示唆します。


また、Aroon upが天井に達した後、買われすぎレベルを下回らず推移し、Aroon downが売られすぎレベル以下で推移している場合、相場が上昇トレンドにある可能性を示唆しています。反対に、Aroon downが天井に達した後、買われすぎレベルを下回らずに推移し、Aroon upが売られすぎレベル以下で推移している場合、相場が下降トレンドにある可能性を示唆しています。


このインジケーターでは、これらのAroon upとAroon downの乖離率をヒストグラムで表すことで一目でAroonの状況が確認できるようになっています。


具体的に言うと、Aroon upがAroon downよりも上にあるときにヒストグラムをプラスの値で表示して、Aroon upが買われすぎレベル以上且つAroon downが売られすぎレベルで推移している状態、つまり上昇トレンドの可能性がある間はヒストグラムのバーを青色で表示します。逆にAroon upがAroon downよりもしたにあるときにヒストグラムをマイナスの値で表示して、Aroonが下降トレンドの可能性を示唆している間はバーを赤色で表示します。


今回は、この「Aroon Oscilator_v1」をMT4で表示する方法とそのパラメーターについて解説していきます。


Aroon Oscilator_v1の入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Aroon Oscilator_v1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Aroon Oscilator_v1

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでAroonの状況が一目で判断できるヒストグラムが表示されました。


Aroon Oscilator_v1のパラメーター解説


Aroon Oscilator_v1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


AroonPeriod

期間

Filter

フィルター

CountBars

バーカウント


Aroonの状況が一目で判断でき、トレンドの有無やトレンド転換の可能性を確認することができます。個人的には通常のAroonよりも使いやすいと感じるので、Aroonを使っている人はぜひ試してみてください。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事