FXで何やっても勝てなくて、やったコト

Kaufman氏による相場のボラティリティを示唆するオシレーターを表示するMT4インジケーター『b_Kaufman_Volatility.mq4』

更新日時:2019年03月05日 10:06

b_Kaufman_Volatility.mq4スクリーンショット


b_Kaufman_Volatilityは、KaufmanBandの製作者として有名なPerry Kaufmanの著書"Smarter Trading"で解説されている「Kaufman Volatility」を表示するMT4用のインジケーターで、名前の通り、相場のボラティリティを確認することができるインジケーターです。


このインジケーターを導入すると、サブウィンドウに相場のボラティリティを示唆する1本のラインが表示され、このラインの値が高ければ高いほど相場のボラティリティが高いことを表し、逆に値が低ければ低いほど相場のボラティリティが低いことを表します。


また、パラメーター設定画面からラインをヒストグラムとして表示することも可能なので、お好みで使い分けるとよいかと思います。


b_Kaufman_Volatilityの入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

b_Kaufman_Volatilityのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


b_Kaufman_Volatility

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでサブウィンドウにKaufman Volatilityが表示されました。


b_Kaufman_Volatilityのパラメーター解説


b_Kaufman_Volatilityパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


ERPeriod

期間

histgramu

ヒストグラムで表示する

Shift

表示移動


パラメーターの「ERPeriod」の値を大きくすることで、だましが少なくなり、反応が鈍感になります。


有名なKaufmanBandと同じ製作者によるテクニカル指標なので、精度もなかなか良く、相場のボラティリティをもとにしたトレードスタイルの人には非常におすすめのインジケーターです。気になった方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事