FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ストキャスティクス・RSI・CCIのシグナルを時間枠ごとに一覧で表示するMT4インジケーター「TA_1.14」

更新日時:2020年07月17日 11:36

TA_1.14スクリーンショット


時間枠ごとに複数のインジケーターのシグナルを、1度に表示してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「TA_1.14」は、 時間枠ごとにストキャスティクス・RSI・CCIが発するシグナルを一覧で表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 短期取引がメインの方

  2. 相場の反転を捉えたい方

  3. マルチタイムフレーム分析を採り入れている方


以上のような方のためにこの記事では、「TA_1.14」について解説します。


  1. TA_1.14の概要
  2. TA_1.14を表示する方法
  3. TA_1.14のパラメーター解説
  4. まとめ

TA_1.14の概要


「TA_1.14」を起動するとサブウィンドウ上に、1分足・5分足・15分足・30分足・1時間足・4時間足での各インジケーターのシグナルが表示されます。


ストキャスティクスのメインラインが、シグナルラインより高い水準にある場合は、黄緑色の矢印と「Buy」というメッセージが表示され、メインラインがシグナルラインより低い水準にある場合は、赤い矢印と「Sell」というメッセージが表示されます。


算出期間の短いRSIが算出期間の長いRSIよりも、高い水準で推移している場合は、黄緑色の矢印と「Buy」というメッセージが表示され、算出期間の短いRSIが算出期間の長いRSIよりも、低い水準で推移している場合は、赤色の矢印と「Sell」というメッセージが表示されます。


CCIも同様に、買いシグナルが出てる場合には、黄緑色の矢印と「Buy」というメッセージが表示され、売りシグナルが出ている場合は、赤色の矢印と「Sell」というメッセージが表示されます。


ストキャスティクスやRSIが発するシグナルを、大まかに把握しておきたい場合に便利なインジケーターです。


複数の時間枠でのシグナルを一度に確認できますので、マルチタイムフレーム分析を行う際に活用できるのではないでしょうか。


TA_1.14を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

TA_1.14のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


TA_1.14


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


TA_1.14のパラメーター解説


TA_1.14パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Stochastic_Settings

=== Stochastic Settings ===

PercentK

%K算出期間


初期値:8


%Kの算出期間算出期間を設定します。

PercentD

%D算出期間


初期値:3


%Dの算出期間を設定します。

Slowing

スローイング期間


初期値:3


スローイング期間を設定します。

RSI_Settings

=== RSI Settings ===

RSIP1

RSI1の算出期間


初期値:14


RSI1の反応速度が変化します。

RSIP2

RSI2の算出期間


初期値:70


RSI2の反応速度が変化します。

My_Symbols

=== Wingdings Symbols ===

sBuy

買いシグナルの記号


初期値:233


買いシグナルが発せられた時に表示する記号の種類を設定します。

sSell

売りシグナルの記号


初期値:234


売りシグナルが発せられた時に表示する記号の種類を設定します。

sWait

シグナルがない場合の記号


初期値:54


シグナルが出ていないときに表示する記号の種類を設定します。

sCCIAgainstBuy

CCI買いシグナルの記号


初期値:238


CCIの買いシグナルが発せられた時に表示する記号の種類を設定します。

sCCIAgainstSell

CCI売りシグナルの記号


初期値:236


CCIの売りシグナルが発せられた時に表示する記号の種類を設定します。


ストキャスティクスやRSIの項目は一般的な構成になっているため、これらのインジケーターに触れたことのある方であれば、戸惑うことも少ないでしょう。


まとめ


「TA_1.14」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. 時間枠別にストキャスティクス・RSI・CCIが発するシグナルを一覧で表示する。

  2. 買いシグナルは黄緑色の矢印、売りシグナルは赤色の矢印で表示される。


「TA_1.14」は、メインで使用しているチャートと、より長い時間枠のチャートで同じ方向に反転のシグナルが出ているかどうかを分析したい方に向いているインジケーターです。


ただし、4時間足より長い時間枠には対応していないので、留意しておきましょう。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事