FXで何やっても勝てなくて、やったコト

T3移動平均をもとにしたオシレーターを表示するMT4インジケーター「T3_-Trix」

更新日時:2019年08月23日 11:40

T3_-Trixスクリーンショット


「T3_-Trix」は、3重指数平滑移動平均線もとに算出されるTrixというオシレーターを、ベースにしたインジケーターで、FinGeR Alex・Luis Damianiによって開発されました。


インジケーターを起動すると、サブウィンドウ上に青いラインと水色のラインが表示されます。


「T3_-Trix」は以下の方法によって算出されます。


EMA1=N期間EMA


EMA2=EMAのN期間EMA


EMA3=EMA2のN期間EMA


パラメーターの「diferential」を1に設定した場合


青いライン=(始値のEMA3-前の始値のEMA3)/前の始値のEMA3


水色のライン=(始値のEMA3-前の始値のEMA3)/前の始値のEMA3+(終値のEMA3-前の終値のEMA3)/前の終値のEMA3


パラメーターの「diferential」を1以外に設定し、前の始値のEMA3と前の終値のEMA3が0より大きい場合


青いライン=(始値のEMA3-前の始値のEMA3)/前の始値のEMA3


水色のライン=(終値のEMA3-前の終値のEMA3)/前の終値のEMA3


T3_-Trixを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

T3_-Trixのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


T3_-Trix

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでT3_-Trixが表示されました。


T3_-Trixのパラメーター解説


T3_-Trixパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「T3_-Trix」のパラメーターは各種平滑化期間を設定する項目、算出方法を設定する項目、平滑化因数を設定する項目で構成されています。


A_t3_period

始値のTrix平滑化期間

num_bars

インジケータの算出期間

is_A_open_price

始値のTrixの適用価格

B_t3_period_ac

終値のTrix平滑化期間

diferential

微分

hot

平滑化因数


青いラインが水色のラインより高い水準で推移している場合は、価格が上昇していることを示しており、青いラインが水色のラインより低い水準で推移している場合は、価格が下降していることを示しています。


インジケーターの値が0の水準を抜けると、トレンドが転換した可能性を示しています。


レンジ相場・トレンド相場に関係なく一定のノイズが出るようですので、他のインジケーターと組み合わせて使用したほうが良さそうです。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事