FXで何やっても勝てなくて、やったコト

チャートに一定の間隔で水平グリッドを表示することのできるMT4インジケーター『0_grid_v1_0_mod_horizontal』

更新日時:2019年12月02日 11:37

0_grid_v1_0_mod_horizontalスクリーンショット


MT4には、チャート上にグリッドを表示する機能が備わっていますが、必要な部分にだけグリッドを表示できればと考えたことはないでしょうか。


「0_grid_v1_0_mod_horizontal」は、指定した期間のレンジをもとに一定間隔で水平グリッドを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 直近のレンジ付近だけにグリッドを表示したい方


上記のような方のためにこの記事では、「0_grid_v1_0_mod_horizontal」について解説していきます。


  1. 「0_grid_v1_0_mod_horizontal」0_grid_v1_0_mod_horizontalの概要
  2. 0_grid_v1_0_mod_horizontalを表示する方法
  3. 0_grid_v1_0_mod_horizontalのパラメーター解説
  4. まとめ

0_grid_v1_0_mod_horizontalの概要


「0_grid_v1_0_mod_horizontal」を起動すると、チャート上にグレーのラインが 一定間隔表示され、デフォルトでは、画像のように100pipsごとに水平グリッドが引かれます。


MT4では、チャート上を右クリック→「プロパティ」→「全般」からグリッドの表示・非表示を変更できますが、どうしても垂直グリッドと水平グリッドがセットで表示されてしまいチャートが見にくくなってしまうため、水平グリッドだけ表示させられるこのインジケーターは結構便利ではないでしょうか。


また、水平グリッドの間隔は変更することができ、現在の間隔(pips)は「HG : ○○」というテキストでチャート上に表示されます。


0_grid_v1_0_mod_horizontalを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

0_grid_v1_0_mod_horizontalのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


0_grid_v1_0_mod_horizontal


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


0_grid_v1_0_mod_horizontalのパラメーター解説


0_grid_v1_0_mod_horizontalパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

H-Grid Size in points

水平グリッドの間隔


初期値:100


グリッドの間隔が変化します。

H-Grid 1 Color

Line1の色


初期値:LightSlateGray


ライン1の色が変化します。

H-Grid 2 Color

Line2の色


初期値:LightSlateGray


ライン2の色が変化します。

Line1 Style

Line1の形


初期値:2


ライン1の形を設定します。

Line1 Width

Line1の太さ


初期値:1


ライン1の太さを設定します。

Line2 Style

Line2の形


初期値:2


ライン2の形を設定します。

Line2 Width

Line2の太さ


初期値:1


ライン2の太さを設定します。

Week

レンジを検出する期間


初期値:10


レンジを検出する期間を週単位で設定します。

Show Label

テキストの表示・非表示


初期値:true


falseに設定するとテキストが非表示になります。

Label Color

テキストの色


初期値:DodgerBlue


テキストの色が変化します。

Font Size

テキストの大きさ


初期値:11


テキストの大きさが変化します。

Font Bold

テキストを太字で表示


初期値:false


trueに設定するとテキストが太字で表示されます。

Corner

テキストの表示位置


初期値:1


チャート上のどのコーナーにテキストするのかを設定します。

Left-Right

テキストの左右移動


初期値:20


テキストの水平位置を設定します。

Up-Down

テキストの上下移動


初期値:150


テキストの垂直位置を設定します。


なお、このインジケーターでは水平グリッドがLine1とLine2で分けられており、それぞれ色や太さを変更することができます。


初期設定ではLine1とLine2ともに「LightSlateGray」に設定されているため、少し伝わりにくいかもしれませんが、Line1とLine2は交互になるよう表示されています。


まとめ


「0_grid_v1_0_mod_horizontal」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. 一定期間のレンジをもとに等間隔で水平のラインを表示する。

  2. ラインの間隔はテキストとしてチャート上に表示できる。


「0_grid_v1_0_mod_horizontal」は、必要な箇所にだけグリッドを表示したい方に向いているインジケーターです。


グリットの間隔は、チャートの時間枠によっては初期設定のままだと大きすぎる場合もありますので、自身が使用するチャートの時間枠に合わせて設定すると良いでしょう。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事