FXで何やっても勝てなくて、やったコト

価格に400pipsを超える変化があった場合に矢印を表示するMT4インジケーター「test5_show5ticks」

更新日時:2019年09月12日 09:04

test5_show5ticksスクリーンショット


「test5_show5ticks」は価格に一定以上の変化があった箇所にマーカーを表示するインジケーターで、Ron Tによって開発されました。


インジケーターを起動するとローソク足の上に、赤か白の矢印が表示されます。


「test5_show5ticks」は、直近のTP(Typical Price)と前のTPの比較をもとに算出され、比較対象となるローソク足から401pips以上の変化があった場合に矢印を表示します。


インジケーターが各矢印を表示する条件は以下の通りです。


TP=(高値+安値+終値)/3


TP-前のTP<-0.04の場合、上向きの白い矢印を表示。


TP-前のTP>0.04の場合、下向きの赤い矢印を表示。


test5_show5ticksを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

test5_show5ticksのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


test5_show5ticks

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでtest5_show5ticksが表示されました。


test5_show5ticksのパラメーター解説


test5_show5ticksパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「test5_show5ticks」にトレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


無し

変更可能なパラメーターはありません。


上向きの白い矢印は売りシグナル、下向きの赤い矢印は買いシグナルですが、「test5_show5ticks」単体で使用するのではなく、他のインジケーターと組み合わせて使用しましょう。


この記事のチャート画像では黒い矢印を表示していますが、初期設定状態の「test5_show5ticks」では、チャートの背景色が白になっていると、白い矢印が見えなくなってしまうため、チャートか矢印の色を変更する必要があります。


矢印を表示するための値幅が大きいため、短期取引よりも長期取引をメインに行なっている方に向いているインジケータと言えます。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事