FXで何やっても勝てなくて、やったコト

連続した6つの加重終値を比較して値動きを分析するMT4インジケーターを表示する「test_5close_up_v31」

更新日時:2019年08月24日 08:23

test_5close_up_v31スクリーンショット


「test_5close_up_v31」は、直近の加重終値から6つ前の加重終値を比較して、価格の向かっている方向矢印で表示するインジケーターで、Ron Tによって開発されました。


初期設定の状態では、価格が下降している場合は下向きの赤い矢印が表示され、上昇している場合は上向きの白い矢印が表示されますが、この記事のチャート画像では白から黒に変更しています。


「test_5close_up_v31」が、矢印を表示する条件は以下の通りです。


6つ前の加重終値>5つ前の加重終値>4つ前の加重終値>3つ前の加重終値>2つ前の加重終値>1つ前の加重終値>直近の加重終値の場合、下向きの赤い矢印が表示されます。


6つ前の加重終値<5つ前の加重終値<4つ前の加重終値<3つ前の加重終値<2つ前の加重終値<1つ前の加重終値<直近の加重終値の場合、上向きの白い矢印が表示されます。


test_5close_up_v31を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

test_5close_up_v31のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


test_5close_up_v31

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでtest_5close_up_v31が表示されました。


test_5close_up_v31のパラメーター解説


test_5close_up_v31パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「test_5close_up_v31」のパラメーターは「Gap_Size」のみで、初期設定の値は0.003に設定されていますが、インジケーターの算出に用いられる値ではないため、変更しても「test_5close_up_v31」への影響はありません。


Gap_Size

ギャップの幅


動意の薄い相場ではうまく機能しないため、相場が静かな時は使用を控えましょう。


「test_5close_up_v31」は値動きの方向を表示するだけで、エントリーのタイミングを示しているわけではないという点に留意しましょう。


エントリーのタイミングを計るには、他のインジケーターと組み合わせて使用する必要があります。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事