FXで何やっても勝てなくて、やったコト

何も表示されていないサブウィンドウを表示するMT4インジケーター『Blank』

更新日時:2020年04月08日 11:52

Blankスクリーンショット


余計なインジケーターを表示せずに、チャートの縦の幅を調整できないだろうかと考えたことはないでしょうか。


「Blank」はインジケーターを表示せずに、サブウィンドウをただ開くだけのインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 余計なインジケーターを表示したくない方

  2. チャートの縦の幅を調整したい方


上記のような方のためにこの記事では、「Blank」について解説していきます。


  1. Blankの概要
  2. Blankを表示する方法
  3. Blankのパラメーター解説
  4. まとめ

Blankの概要


「Blank」は、サブウィンドウになにも表示しないMT4用のインジケーターで、まさに名前の通り、「空白」を追加するインジケーターです。


このインジケーターが開発された目的や、具体的な使用方法は不明となっています。


唯一思いついたこのインジケーターの使い方は、チャートの縦幅を調整することで、「MT4のウィンドウ全体ではなく、メインウィンドウの縦幅のみを変更したい」というときに使えるのではないかと思います。


ちなみに、ソースコードを見てみても中身は空っぽだったので動作不具合等ではありません。


どの程度役に立つのかについては何とも言えませんが、アイディア次第では活用できる場面があるかもしれません。


Blankを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Blankのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Blank


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Blankのパラメーター解説


「Blank」にトレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

無し

変更可能なパラメーターはありません。


パラメーターだけではなく「レベル表示」や「色の設定」なども無効になっています。


まとめ


「Blank」について解説しましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ブランク(空白)のサブウィンドウを表示するインジケーター。

  2. ソースコード自体が空になっている。


「Blank」は、余計なインジケーターを表示せずに、チャートの縦の幅を調整したい場合などに活用できそうなインジケーターです。


具体的な使用方法やこのインジケーターが開発された目的は不明ですが、コードを書ける方であれば少し手を加えることで、空のテンプレートとして活用できるかもしれません。


使える場面があまりなさそうなインジケーターではありますが、使い道を思いついた方はインストールしてみるとよいでしょう。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事