FXで何やっても勝てなくて、やったコト

「BrainTrend」手法をもとに、利確・損切に使えるドットラインを表示するMT4インジケーター『BT2Stop』

更新日時:2020年04月13日 23:21

BT2Stopスクリーンショット


利確や損切の水準をどこに設定すべきなのか、迷ってしまった経験はないでしょうか。


「BT2Stop」は、利確や損切水準をチャートに表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. 利確や損切の水準を分析したい方

  2. 「BrainTrend」の手法を試してみたい方


上記のような方のためにこの記事では、「BT2Stop」について解説します。


  1. BT2Stopの概要
  2. BT2Stopを表示する方法
  3. BT2Stopのパラメーター解説
  4. まとめ

BT2Stopの概要


「BT2Stop」は、海外で人気の「BrainTrend」という手法で使用されているインジケーターシリーズの1つで、名前の通り、利確や損切に使えるドットラインを表示するMT4用のインジケーターです。


このインジケーターを導入すると、画像のように赤色と青色のドットラインが表示され、上昇トレンドであれば青色のドットラインを価格が下回ったらエグジット、下降トレンドであれば赤色のドットラインを価格が上回ったらエグジット、といった使い方が出来るようになります。


それぞれのドットラインは高値・安値が更新されるごとに新たに価格に追従したラインが表示されるので、トレーリングストップのような使い方もできるでしょう。


「BrainTrend」用に開発されたインジケーターですが、単体でも問題なく使用できるかと思います。


BT2Stopを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

BT2Stopのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


BT2Stop


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


BT2Stopのパラメーター解説


BT2Stopパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「BT2Stop」のパラメーターはインジケーターの算出期間を設定する項目と、インジケーターのモードを設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

AveragePeriod

期間


初期値:10


インジケーターの算出期間を設定します。

Reg

モード切替


初期値:1


インジケーターのモード設定します。


「Reg」はインジケーターのモードを切り替えるための項目で、2かそれ以外の値に設定して使用します。


まとめ


「BT2Stop」について解説しましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 利確や損切に使えるドットラインを表示する。

  2. 上昇トレンドでは青色のドットラインを価格が下回った時にエグジットする。

  3. 下降トレンドでは赤色のドットラインを価格が上回った時にエグジットする。


「BT2Stop」は、イグジットする水準を分析したい方に向いているインジケーターです。


また、「BrainTrend」の手法をすでに採り入れている方や、試してみたい方にもおすすめです。


損切や利確が苦手な人は「BrainTrend」について調べたうえでこのインジケーターを試してみてはいかがでしょうか。

関連記事