FXで何やっても勝てなくて、やったコト

Willams%Rをもとに、相場の山と谷を捉えることを目的としたシグナル表示するMT4インジケーター『BykovTrend_Sig.mq4』

更新日時:2019年03月19日 08:51

BykovTrend_Sigスクリーンショット


BykovTrend_Sig.mq4は、Willams%Rをもとに、相場の山と谷を捉えることを目的としたシグナル出すMT4用のインジケーターで、このインジケーターを導入すると、画像のように山にピンクの下矢印を、谷に水色の上矢印を表示します。


Williams%Rとは、ラリー・ウィリアムズ氏によって考案されたオシレーター系のテクニカル指標で、一定期間尾最高値と最安値の中で、直近の終値が相対的にどのレベルにあるのかを示したものです。ストキャスティクスの%Kに似た動きで、レンジ相場に強いのが特徴です。


今回紹介している「BykovTrend_Sig」では、このWilliams%Rをもとに、山と谷を捉えるシグナルを表示しています。ただ、少しの価格変動でシグナルが表示されてしまうので、トレンド相場ではあまり精度は良くありません。


今回は、この「BykovTrend_Sig.mq4」をMT4で表示する方法とそのパラメーターについて解説していきます。


BykovTrend_Sigの入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

BykovTrend_Sigのダウンロード先は以下となります。


BykovTrend_Sig

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでWilliams%Rをもとにした山と谷を示唆するシグナルが表示されました。


BykovTrend_Sigのパラメーター解説


BykovTrend_Sigパラメータ画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


RISK

リスク

SSP

SSP

CountBars

バーカウント


トレンド相場では、先述の通り、少しの価格変動でシグナルが表示されてしまうのであまり精度は良くないですが、レンジ相場では上手く山と谷を捉えているように見えます。


レンジ相場で使えるインジケーターを探している人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事