FXで何やっても勝てなくて、やったコト

テンプレート名をチャート上に表示するMT4インジケーター「Template_Name」

更新日時:2019年08月22日 08:55

Template_Nameスクリーンショット


MT4には表示中のチャートの設定をテンプレートとして保存したり、保存したテンプレートを読み込んで、他のチャートに適用できる機能があります。


「Template_Name」は、テンプレート名をチャート上に表示するためのインジケーターで、MetaQuotes Software Corpによって開発されました。


「Template_Name」にテンプレート名を入力した状態で、チャートの設定を保存することで、テンプレートを読み込んだ際に、どのテンプレートを読み込んだのか確認することができます。


Template_Nameを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Template_Nameのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Template_Name

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでTemplate_Nameが表示されました。


Template_Nameのパラメーター解説


Template_Nameパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Template_Name」のパラメーターは、テンプレート名を入力する項目、テキストに関する設定を行う項目、表示位置を設定する項目で構成されています。


Template Name

テンプレート名を入力

Font Color

テキストの色

Font Size

テキストのサイズ

Font Bold

テキストを太字にする/しない

Left - Right

左右の表示位置

Up - Down

上下の表示位置

Corner

テキストを表示するコーナー


保存しているテンプレートの種類が多くなると、間違ったテンプレートを読み込んでしまうこともあるかと思いますが、「Template_Name」を表示しておくことで、間違いにすぐ気づくことができます。


テンプレート名を表示するためのインジケーターではありますが、テキストであれば何でも表示できます。


チャート上に、重要なメッセージを表示しておきたい場合にも活用でき、使用する人によって様々な使い方ができるインジケーターです。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事