FXで何やっても勝てなくて、やったコト

直近のバーの値幅と値動きを一覧で表示するMT4インジケーター「updown」

更新日時:2019年08月12日 06:52

updownスクリーンショット


「updown」は、始値から終値までの値幅や、高値から終値までの値幅を一覧で表示するインジケーターで、mrak297によって開発されました。


「updown」を起動すると、チャートの左上に通貨ペア名と値幅が表示され、価格が上昇している通貨ペアは緑色、下降している通貨ペアは朱色で表示されます。


通貨ペア名が表示されているボタンをクリックすると、その通貨ペアの15分足チャートが新たに表示されます。


updownを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

updownのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


updown

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでupdownが表示されました。


updownのパラメーター解説


updownパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターは、値幅の種類を設定する項目、ボタンの数を設定する項目、文字に関する項目、トレンドの色を設定する項目で構成されています。


Info

MODE button for change sorting.

Method (1 open/close, 2 high/low)

値幅の表示方法

Number of buttons

ボタンの数

Font Size

文字のサイズ

Color for uptrend

上昇トレンドの色

Color for downtrend

下降トレンドの色

Color for text

文字の色

Corner

インジケーターの表示位置


直近のローソク足の値幅を、具体的な数字で把握したい場合に便利なインジケーターです。


また、「updown」を使用することで価格が上昇しているのか、下降しているのかも一覧で確認できますので、複数の通貨ペアの直近の値動きを把握できます。


「通貨ペアリスト」に表示されていない通貨ペアは、「updown」で表示できませんので表示したい通貨ペアが、「通貨ペアリスト」にない場合は追加しておきましょう。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事