FXで何やっても勝てなくて、やったコト

通貨ペアのスワップやスプレッドを一覧でチャート上に表示するMT4インジケーター「ZFXiSwap」

更新日時:2019年05月08日 04:20

ZFXiSwapスクリーンショット


「ZFXiSwap」はZeonFXによって開発されたもので、チャート上にスワップやスプレッドや当日の値幅などを表示するインジケーターで、通貨ペアの他、金相場・銀相場のレートを表示することができます。


通貨ペアは水色、金相場が黄色、銀相場はグレー、スプレッドは青で表示され、当日の値幅・一週間の値幅・一か月の値幅はオレンジで表示されます。


「ZFXiSwap」でレートを表示するためには、MT4左上の通貨ペアリストにレート表示したい通貨ペアを表示しておく必要があります。


ZFXiSwapを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ZFXiSwapのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ZFXiSwap

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでZFXiSwapが表示されました。


ZFXiSwapのパラメーター解説


ZFXiSwapパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターの項目は表示する通貨ペアとフォントに関する項目で構成され、初期設定値は「Symbols」がEURUSD,GBPUSD,USDCHF,AUDUSD,USDJPY,EURJPY,NZDUSD,USDCAD,EURGBP,EURCHF,GBPJPY,GOLD,SILVER、「FontSize」が10、「FontName」がTahoma、「FontColor」がSilver、「Color2」がLime、「Color3」がRed、「Color4」がAqua、「Color5」がDodgerBlue、「Color6」がDarkOrangeに設定されています。


表示する通貨ペアを追加したい場合は、通貨ペアリストに表示したい通貨ペアを追加した後、「Symbols」で通貨ペア名を入力し各通貨ペアの間に「,」を入力することで追加できます。


Symbols

レートを表示する通貨ペア

FontSize

フォントサイズ

FontName

フォントの種類

FontColor

文字の色

Color2

文字の色2

Color3

文字の色3

Color4

文字の色4

Color5

文字の色5

Color6

文字の色6


スプレッドや一定期間の値幅を常に表示しておきたいという方にはちょうど良いインジケーターなのではないでしょうか。


また、使用しているモニターの都合で、MT4で表示できる範囲が狭い場合などにも限られたスペースを有効に活用することができます。


重要指標の発表に合わせてエントリーする場合に、スプレッドが大きくなり過ぎていないかを確認するといった用途にも使えそうです。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事