FXで何やっても勝てなくて、やったコト

SL・TPに使える最大上昇下降幅を示唆する2本のラインを表示するMT4インジケーター『cdrvolatility』

更新日時:2020年04月24日 10:27

cdrvolatilityスクリーンショット


イグジットのタイミングを判断する方法には、さまざまなものがありますが、最もシンプルな方法は価格が一定以上反転した時にイグジットする方法でしょう。


「cdrvolatility」は、一定期間中の最大値幅にもとづいてイグジットのタイミングを分析するためのインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. イグジットのタイミングを分析したい方

  2. ボラティリティを確認したい方


以上のような方のためにこの記事では、「cdrvolatility」について解説します。


  1. cdrvolatilityの概要
  2. cdrvolatilityを表示する方法
  3. cdrvolatilityのパラメーター解説
  4. まとめ

cdrvolatilityの概要


「cdrvolatility」は、Convergent Divergent Range Volatilityの略で、最大上昇幅・最大下降幅と相場のボラティリティを示唆し、ストップロスと利確の目安として使える2本のラインを表示するMT4用のインジケーターです。


製作者のコメントによると、このインジケーターで表示される赤青2本のラインのうち、青色のライン(収束シグナル)は最大上昇幅をpipsで示唆し、赤色のライン(拡散シグナル)は、最大下降幅をpipsで示唆するようです。


つまり、上昇トレンドであれば赤色のラインを利確に、青色のラインをSLの目安として使用し、下降トレンドであれば青色のラインを利確に、赤色のラインをSLに使用できるということになります。


また、2本のラインは最大上昇幅と最大下降幅を示唆するので、2本のラインの幅で相場のボラティリティを判断することも出来ます。


2本のライン幅が広ければ最大上昇幅と最大下降幅が広いことを示唆するので、ボラティリティも高いということですね。


今回は、この「cdrvolatility」をMT4で表示する方法とそのパラメーターについて解説していきます。


cdrvolatilityを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

cdrvolatilityのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


cdrvolatility


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


cdrvolatilityのパラメーター解説


cdrvolatilityパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

SMAPeriod

SMAの期間


初期値:20


単純移動平均の算出期間を設定します。

CDRWindow

ウィンドウズサイズ


初期値:12


値幅を測定する期間を設定します。

DeltaThrshld

閾値


初期値:0


インジケーターが反応する最低値を設定します。

MaxBars

バーカウント


初期値:10000


インジケーターを表示する期間を設定します。


「CDRWindow」は、値幅を測定する期間を設定するための項目で、始点の始値から終点の終値をもとに値幅を検出します。


「DeltaThrshld」は、インジケーターが反応する最低の値幅を設定するための項目で、大きな値に設定するほど、小さな値動きがインジケーターに反映されなくなります。


製作者のコメントによると、このインジケーターは1時間足・4時間足・日足で最適化されており、それぞれのパラメーターは時間足によって調整する必要があるそうで、例えば4時間足であれば「CDRWindws」は「12」、「SMAPeriod」は「20」、「DeltaThrshld」は「20以下」が最もよく機能するそうです。


まとめ


「cdrvolatility」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. ストップロスと利確の目安として使える2本のラインを表示する。

  2. 青色のライン(収束シグナル)は最大上昇幅をpipsで表示している。

  3. 赤色のライン(拡散シグナル)は、最大下降幅をpipsで表示している。


「cdrvolatility」は、利確やSLのタイミングを分析したい方に、向いているインジケーターです。


非常に面白いアイデアのインジケーターで、ボラティリティの確認だけでなく、TPとSLの目安としても使用することができます。


利確・損切が苦手な人は是非試してみてはいかがでしょうか。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事