FXで何やっても勝てなくて、やったコト

3つの時間枠のピボット水準を同一チャート上に表示するMT4インジケーター「Waddah_Attar_Pivot」

更新日時:2020年09月11日 0:47

Waddah_Attar_Pivotスクリーンショット


時間枠が異なるピボットをまとめて表示できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Waddah_Attar_Pivot」は、上記の用途のために開発されたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. マルチタイムフレーム分析を採用している方

  2. ピボットをよく使用する方


以上のような方のためにこの記事では、「Waddah_Attar_Pivot」について解説します。


  1. Waddah_Attar_Pivotの概要
  2. Waddah_Attar_Pivotを表示する方法
  3. Waddah_Attar_Pivotのパラメーター解説
  4. まとめ

Waddah_Attar_Pivotの概要


「Waddah_Attar_Pivot」は3種類の時間枠でそれぞれ算出したピボット水準を、同一チャート上に表示するインジケーターで、Waddah_Attarによって開発されました。


開発者によると単にピボット水準を表示しているだけではなく、履歴データにもとづいたバックテストを行いながら動作するとのことです。


インジケーターを起動すると日足のピボットが赤色のライン、週足のピボットが青色のライン、月足のピボットが黄色のラインで表示され、各ラインの右側には対応するレートが表示されます。


各ピボット水準は、それぞれの時間枠のもと以下の方法によって算出されます。


ピボット水準=(前の高値+前の安値+前の終値)/3


チャートの時間枠を変更しても、表示されるピボット水準は日足・週足・月足に固定されたまま表示されます。


一般的なピボットと同じ算出方法が採用されており、通常のピボットと表示される水準は同じものですので、使い方に戸惑うということは少ないのではないかと思います。


表示される各水準の時間枠が固定されていますので、マルチタイムフレーム分析に使用することができます。


インジケーターを算出する時間枠の変更はできないため、日足より短い時間枠のピボット水準を表示したい方には、向かないインジケーターと言えます。


Waddah_Attar_Pivotを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Waddah_Attar_Pivotのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Waddah_Attar_Pivot


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Waddah_Attar_Pivotのパラメーター解説


Waddah_Attar_Pivotパラメーター画像


「Waddah_Attar_Pivot」にトレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

無し

変更可能なパラメータ項目はありません。


まとめ


「Waddah_Attar_Pivot」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 3種類の時間枠のピボットを表示する。

  2. 日足のピボットが赤色のライン、週足のピボットが青色のライン、月足のピボットが黄色のラインで表示される。

  3. チャートの時間枠を変更してもピボットの時間枠は変わらない。


「Waddah_Attar_Pivot」は、日足・週足・月足のピボット水準を確認したい方に最適なインジケーターです。


マルチタイムフレーム分析を採用している方であれば、活用できる場面があるかもしれません。


シグナルを発するインジケーターではありませんので、他の手法やインジケーターと組み合わせて使用する必要があり、必要な情報を補完するといった使い方が適切かと思います。

関連記事