FXで何やっても勝てなくて、やったコト

前日の値動きをもとにピボットを表示するMT4インジケーター「RD-PivotLinesOld」

更新日時:2021年09月18日 22:17

RD-PivotLinesOldスクリーンショット


トレンドが反転する可能性のある水準を表示してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「RD-PivotLinesOld」は、2種類のピボットを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの転換を捉えたい方

  2. 価格が反転しそうな水準を分析したい方


上記のような方のためにこの記事では、「RD-PivotLinesOld」について解説します。


  1. RD-PivotLinesOldの概要
  2. RD-PivotLinesOldを表示する方法
  3. RD-PivotLinesOldのパラメーター解説
  4. まとめ

RD-PivotLinesOldの概要


「RD-PivotLinesOld」を起動すると、チャート上にピボットが表示されます。


「RD-PivotLinesOld」は、前日の値動きをもとにピボットを表示するインジケーターです。


1日の始まりには「Start」、終わりは「End」とラベルがといた垂直のラインが表示されます。


レジスタンスラインは青色、サポートラインは赤色で表示。


価格がこれらのラインに接近すると、トレンドが反転する可能性があります。


使い方は通常のピボットと同じですが、HBOPとLBOPは表示されないので注意しましょう。


RD-PivotLinesOldを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RD-PivotLinesOldのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RD-PivotLinesOld


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


RD-PivotLinesOldのパラメーター解説


RD-PivotLinesOldパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

LocalTimeZone

タイムゾーン


初期値:0


インジケータ一に適用するタイムゾーンを設定します。

DestTimeZone

開始セッション


初期値:0


ピボットの算出を開始するセッションを表示します。

ShowPivots

ピボットの有効・無効


初期値:false


falseに設定するとピボットが無効になります。

ShowCamarilla

カマリラピボットの有効・無効


初期値:true


falseに設定するとカマリラピボットが無効になります。

ShowMidPitvot

中間水準の表示・非表示


初期値:true


falseに設定すると中間水準が非表示になります。


「LocalTimeZone」は、インジケーターに適用するタイムゾーンを設定するための項目です。


日本時間に合わせたい場合は、3に変更する必要があります。


「ShowPivots」と「ShowCamarilla」は、それぞれのピボットの有効・無効を設定するための項目です。


trueに設定すると有効になり、falseに設定すると無効になります。


まとめ


「RD-PivotLinesOld」について解説してきましたがポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 2種類のピボットを表示する

  2. 前日の値起きをもとにピボットを算出

  3. ピボット水準は紫色のラインで表示される

  4. レジスタンスラインは青色のライン、サポートラインは赤色のラインで表示


「RD-PivotLinesOld」は、トレンド反転を捉えたい方に向いているインジケーターです。


「RD-PivotLinesOld」によって表示された水準で、かならず反転するわけではないので、ほかのインジケーターと組み合わせた上で判断した方が良いでしょう。

関連記事