FXで何やっても勝てなくて、やったコト

各水準をフィボナッチ比で決定する週足ベースのピボットを表示するMT4インジケーター「Weekly_Pivot_Fibo」

更新日時:2020年09月08日 20:55

Weekly_Pivot_Fiboスクリーンショット


一般的なピボットは、前日の高値・安値・終値をもとに、複数のサポートラインやレジスタンスラインをバンド状に表示するインジケーターです。


「Weekly_Pivot_Fibo」はピボットをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 値動きが反転する可能性のある水準を分析したい方

  2. 逆張り系の手法を使用している方

  3. ブレイクアウト系の手法を使用している方


以上のような方のためにこの記事では、「Weekly_Pivot_Fibo」について解説します。


  1. Weekly_Pivot_Fiboの概要
  2. Weekly_Pivot_Fiboを表示する方法
  3. Weekly_Pivot_Fiboのパラメーター解説
  4. まとめ

Weekly_Pivot_Fiboの概要


「Weekly_Pivot_Fibo」は、前の週の価格からピボットを算出し、各サポートラインやレジスタンスラインの水準をフィボナッチ比率で算出するインジケーターです。


このインジケーターによって表示されるピボットはバンド状ではなく、全てのラインが水平に表示され、38%水準は紫色、61%水準は緑色、100%水準と200%水準は水色、123%・138%と223%・238%水準は黄色でそれぞれ表示されます。


表示されるラインは、ダブルクリックすることで任意の水準に移動させることができる他、不要な場合は削除することもできます。


チャートの背景色によっては、表示されるラインが見にくくなる可能性がありますが、このインジケーターのラインの色は変更できないため、背景色を変更する必要があります。


また、通常のピボットよりも表示されるラインが多いため、不要なラインは削除した方が扱いやすいかもしれません。


Weekly_Pivot_Fiboを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Weekly_Pivot_Fiboのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Weekly_Pivot_Fibo


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Weekly_Pivot_Fiboのパラメーター解説


Weekly_Pivot_Fiboパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Weekly_Pivot_Fibo」のパラメーターは、インジケーターの算出方法を設定するための項目のみで構成されています。


入力項目 入力内容

ManualCalculation

マニュアル計算の有効/無効


初期値:false


trueに設定するとマニュアル計算が有効になります。


「ManualCalculation」は、マニュアル計算の有効/無効を設定するための項目です。


trueに設定するとフィボナッチ比率をもとにピボットの各水準を算出します。


まとめ


「Weekly_Pivot_Fibo」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. フィボナッチ比率をもとにしたピボットを表示する。

  2. 38%水準は紫色、61%水準は緑色で表示される。

  3. 100%水準と200%水準は水色で表示される。

  4. 123%・138%と223%・238%水準は黄色で表示される。


「Weekly_Pivot_Fibo」は、値動きが反転する可能性のある水準を分析したい方に向いているインジケーターです。


機能自体はシンプルなインジケーターですので、使い方や操作で戸惑うことも少ないかと思います。


一般的なピボットとは表示される水準や表示方法が異なっているため、実際の相場でどの程度うまく機能するのかテストした上で使用することをおすすめします。

関連記事