FXで何やっても勝てなくて、やったコト

2種類のRSIで長期的なトレンドの転換の兆候を表示するMT4インジケーター「RSIonMA」

更新日時:2022年04月09日 17:05

RSIonMAスクリーンショット


トレンドが転換する可能性を分析できる方法があればと考えたことはないでしょうか。


「RSIonMA」は、RSIをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドが転換する兆候を分析したい方

  2. 長期的なトレンドの転換を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「RSIonMA」について解説します。


  1. RSIonMAの概要
  2. RSIonMAを表示する方法
  3. RSIonMAのパラメーター解説
  4. まとめ

RSIonMAの概要


「RSIonMA」を起動すると、サブウィンドウ上に2種類のRSIが表示されます。


「RSIonMA」のRSIは、一般的なRSIのように価格データをそのまま使用しているわけではありません。


このインジケーターでは、適用価格として移動平均の値を使用しています。


そのため、通常のRSIと比べるとノイズが少なく、滑らかなラインが描写されます。


デフォルトの状態では、緑色のラインが短期の移動平均をもとに算出したRSI、赤色のラインが長期の移動平均をもとに算出したRSIです。


ライン同士が交差した場合、トレンドが転換する可能性があります。


ただし、ラインが交差したからといって、すぐにトレンドが転換するわけではないので注意しましょう。


RSIonMAを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RSIonMAのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RSIonMA


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


RSIonMAのパラメーター解説


RSIonMAパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

RSIPeriod

RSIの期間


初期値:9


RSIの算出期間を設定します。

MA1

移動平均1の期間


初期値:10


移動平均1の算出期間を設定します。

MA2

移動平均2の期間


初期値:20


移動平均2の算出期間を設定します。

MAMode

移動平均の種類


初期値:MODE_SMA


移動平均の算出方法を設定します。

MAPrice

移動平均の適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


移動平均の算出に用いる価格を設定します。


「RSIPeriod」は、RSIの算出期間を設定するための項目です。


ここで設定した期間がRSI1とRSI2に適用されます。


「MA1」「MA2」は、RSIの適用価格として用いる移動平均の算出期間を設定するための項目です。


大きな値に設定するほどRSIの適用価格が平滑化されるため、ノイズの少ない滑らかなラインが表示されます。


「MAMode」は、移動平均の種類を設定するための項目です。


単純移動平均と指数平滑移動平均、平滑化移動平均、加重移動平均の中から種類を選択できます。


「MAPrice」は、移動平均の適用価格を設定するための項目です。


デフォルトの状態では終値に設定されていますが、高値や安値、始値、TP、加重終値に変更することもできます。


まとめ


「RSIonMA」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 移動平均を適用価格とする2種類のRSIを表示する

  2. RSI同士がクロスするとトレンドが転換する可能性がある


「RSIonMA」は、トレンドが転換する兆候を分析したい方に向いているインジケーターです。


大まかなトレンドの転換を分析することはできますが、このインジケーターのみでエントリーのタイミングを分析するのは難しいでしょう。


使用する際は、ほかのインジケーターと組み合わせて使用することをおすすめします。

関連記事