FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドが転換する兆候をRSIの移動平均で表示するMT4インジケーター「QQEA」

更新日時:2022年05月08日 13:58

QQEAスクリーンショット


トレンドが転換する兆候を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「QQEA」は、RSIとATRをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドが転換する兆候を分析したい方

  2. 逆張りでエントリーしたい方


以上のような方のためにこの記事では、「QQEA」について解説します。


  1. QQEAの概要
  2. QQEAを表示する方法
  3. QQEAのパラメーター解説
  4. まとめ

QQEAの概要


「QQEA」を起動すると、サブウィンドウ上に赤色と黄色のラインが表示されます。


赤色のラインはRSIの移動平均、黄色のラインはRSIの移動平均とATRの差を算出した値です。


「QQEA」では、2本のラインの交差をシグナルとして使用します。


2本のラインが50より上にある状態で、赤色のラインが黄色のラインを上から下に抜けた場合は下方転換のシグナルです。


反対に、2本のラインが50より下にある状態で、赤色のラインが黄色のラインを下から上に抜けた場合は上方転換のシグナル。


黄色のラインの振り幅は、パラメーターの「DARFACTOR」で調整できます。


ダマしのシグナルが多い場合は、調整するとよいでしょう。


ただし、ラインが交差したからといってすぐに、トレンドが転換するわけではありません。


大きなトレンドが転換する場合、数回シグナルが出た後に転換するケースが多いです。


ほかのインジケーターのシグナルも確認しながら使用した方がよいでしょう。


また、相場の状況によってはダマしのシグナルも増えるので注意が必要です。


QQEAを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

QQEAのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


QQEA


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


QQEAのパラメーター解説


QQEAパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「QQEA」のパラメーターは、3つの項目で構成されています。


入力項目 入力内容

SF

RSIの平滑化期間


初期値:5


RSIの平滑化の度合いを設定します。

RSI_Period

RSIの期間


初期値:14


RSIの算出期間を設定します。

DARFACTOR

補正値


初期値:4.236


RSIのATR補正値を設定します。


「SF」は、RSIの平滑化期間を設定するための項目です。


大きな値に設定すると平滑化の度合いが強くなり、小さな値に設定すると弱くなります。


「RSI_Period」は、RSIの算出期間を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、長期的な価格の変化を反映したQQEが表示されます。


「DARFACTOR」は、RSIのATR補正値を設定するための項目です。


補正値を大きな値に設定すると、黄色のラインの振り幅が大きくなります。


まとめ


「QQEA」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. RSIとATRをベースにしたオシレーターを表示

  2. 2本のラインが50より上にある状態で、赤色のラインが黄色のラインを上から下に抜けた場合は下方転換のシグナル

  3. 2本のラインが50より下にある状態で、赤色のラインが黄色のラインを下から上に抜けた場合は上方転換のシグナル


「QQEA」は、トレンドが転換する兆候を分析したい方に向いているインジケーターです。


トレンドの転換を捉えたい方は、一度試してみるとよいでしょう。

関連記事