FXで何やっても勝てなくて、やったコト

逆張りのシグナルを通知するRSIベースのMT4インジケーターを表示する「RSISignal」

更新日時:2022年04月09日 17:08

RSISignalスクリーンショット


逆張りでエントリーするタイミングを知らせてくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「RSISignal」は、RSIをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 逆張りでエントリーするタイミングを分析したい方

  2. RSIをよく使用する方


この記事では、「RSISignal」について詳しく解説します。


  1. RSISignalの概要
  2. RSISignalを表示する方法
  3. RSISignalのパラメーター解説
  4. まとめ

RSISignalの概要


「RSISignal」はRSIと移動平均線をもとに、逆張りでエントリーするタイミングを分析するインジケーターです。


初期設定の状態では非表示になっていますが、シグナルを矢印で表示することもできます。


パラメーターを変更すれば、複数のRSIを表示することも可能です。


デフォルトの設定では、水色のラインがRSI、黄色のラインとヒストグラムがRSIの移動平均です。


「RSISignal」がシグナルを表示する条件は、移動平均線同士の交差とRSI同士の交差、移動平均線の方向転換の3つです。


初期設定では、移動平均線同士の交差がシグナルに設定されています。


変更したい場合はパラメーターを調整しましょう。


RSISignalを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RSISignalのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RSISignal


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


RSISignalのパラメーター解説


RSISignalパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

RSI1 Period

RSI1の算出期間


初期値:13


RSI1の算出期間を設定します。

RSI2 Period

RSI2の算出期間


初期値:3


RSI2の算出期間を設定します。

RSI3 Period

RSI3の算出期間


初期値:0


RSI3の算出期間を設定します。

RSI Price

RSIの適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


RSIの算出に用いる価格を設定します。

Overbought 1

買われ過ぎレベル


初期値:70


買われ過ぎと判定するレベルを設定します。

Oversold 1

売られ過ぎレベル


初期値:30


売られ過ぎと判定するレベルを設定します。

Overbought 2

買われ過ぎレベル2


初期値:70


買われ過ぎと判定するレベルを設定します。

Oversold 2

売られ過ぎレベル2


初期値:30


売られ過ぎと判定するレベルを設定します。

MA1 Period

移動平均1の算出期間


初期値:10


移動平均1の算出期間を設定します。

MA1 Method

移動平均1の種類


初期値:MODE_SMA


移動平均1の算出方法を設定します。

MA2 Period

移動平均2の算出期間


初期値:5


移動平均2の算出期間を設定します。

MA2 Method

移動平均2の種類


初期値:MODE_SMA


移動平均2の算出方法を設定します。

MA2 Type

移動平均2の適用価格


初期値:MA_MA1


移動平均2の適用価格を設定します。

RSI1 Line

RSI1の表示・非表示


初期値:true


RSI1を表示するか否かを設定します。

RSI2 Line

RSI2の表示・非表示


初期値:false


RSI2を表示するか否かを設定します。

RSI3 Line

RSI3の表示・非表示


初期値:false


RSI3を表示するか否かを設定します。

MA1 Line

移動平均線1の表示・非表示


初期値:false


移動平均線1を表示するか否かを設定します。

MA2 Line

移動平均線2の表示・非表示


初期値:true


移動平均線2を表示するか否かを設定します。

RSI Level 1

RSIレベル1の表示・非表示


初期値:true


RSIレベル1を表示するか否かを設定します。

RSI Level 2

RSIレベル2の表示・非表示


初期値:false


RSIレベル2を表示するか否かを設定します。

Zero Line

0レベルの表示・非表示


初期値:false


0レベルを表示するか否かを設定します。

Histogram Type

ヒストグラムのタイプ


初期値:HIST_MA1


ヒストグラムで表示する値を設定します。

Histogram Color Type

ヒストグラムの表示色


初期値:COLOR_MA1_DIRECTION


ヒストグラムの色を設定します。

Enable Background

背景色の表示・非表示


初期値:true


背景色を表示するか否かを設定します。

Full Background

全面表示の有無


初期値:false


背景色を全面表示するか否かを設定します。

Signal Types

シグナルのタイプ


初期値:SIGNAL_MA1_CROSS_MA2


シグナルを表示する条件を設定します。

Screen Alert

スクリーンアラートの有無


初期値:false


trueに設定するとスクリーンアラートが有効になります。

Email Alert

メールアラートの有無


初期値:false


trueに設定するとメールアラートが有効になります。

Mobile Alert

モバイルアラートの有無


初期値:false


trueに設定するとモバイルアラートが有効になります。

Alert For Unfinished Bar

未完成バーによるアラートの有無


初期値:false


trueに設定するとバーが未完成でもアラートを発信します。

Enable Arrows

矢印の表示・非表示


初期値:false


trueに設定すると矢印が表示されます。

Arrows For Visible Bars Only

直近のバーにだけ矢印を表示する


初期値:true


falseに設定するとチャート全体に矢印が表示されます。

Gap Between Arrow and Bar

矢印とバーの間隔


初期値:Small


矢印とローソク足の距離を調整します。


「MA2 Type」は、移動平均線2の適用価格を設定するための項目です。


移動平均線1の値を使用するのか、RSIの値を使用するかのを選択します。


「Signal Types」は、シグナルの条件を設定するための項目です。


移動平均線同士のクロス、移動平均線1の方向転換、RSI1とRSI2のクロスから選択します。


「Screen Alert」「Email Alert」「Mobile Alert」は、各アラートの有効・無効を設定するための項目です。


trueに設定するとアラートが有効になり、falseに設定すると無効になります。


まとめ


「RSISignal」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. RSIと移動平均線によるシグナルを表示

  2. シグナルが発せられた箇所には矢印を表示

  3. アラートによる通知にも対応


「RSISignal」は、逆張りでエントリーするタイミングを、分析したい方に向いているインジケーターです。


特殊なインジケーターなので、使用する前に十分なバックテストを実施してパフォーマンスをチェックしておいた方がよいでしょう。

関連記事