FXで何やっても勝てなくて、やったコト

RSIとRSIの移動平均線を表示するMT4インジケーター「rsi_filter」

更新日時:2022年03月13日 23:40

rsi_filterスクリーンショット


RSIが向かっている大まかな方向を分析できればと考えたことはないでしょうか。


「rsi_filter」は、RSIとRSIの移動平均線を表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. RSIが向かっている方向を分析したい方

  2. RSIをよく使用する方

  3. 値動きの転換を分析したい方


この記事では、「rsi_filter」について詳しく解説します。


  1. rsi_filterの概要
  2. rsi_filterを表示する方法
  3. rsi_filterのパラメーター解説
  4. まとめ

rsi_filterの概要


「rsi_filter」を起動すると、サブウィンドウ上にRSIとRSIの移動平均線が表示されます。


青色のラインがRSI、赤色のラインが移動平均線です


「rsi_filter」のRSIは、MT4標準のRSIと同様の方法で算出されています。


移動平均線の向きを確認すれば、RSIが上昇しているのか、下降しているのかをチェックできます。


rsi_filterを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

rsi_filterのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


rsi_filter


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


rsi_filterのパラメーター解説


rsi_filterパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

RSI_Period

RSIの算出期間


初期値:34


RSIの反応速度が変化します。

RSI_ApplyPrice

適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


RSIの算出に用いる価格の種類を設定します。

MA_Period

移動平均の算出期間


初期値:34


RSIの移動平均を算出する期間を設定します。

MA_Method

移動平均の種類


初期値:MODE_SMMA


RSIの移動平均の算出方法を設定します。

MA_Shift

移動平均線のシフト


初期値:0


RSIの移動平均線のオフセットを設定します。


「RSI_Period」は、RSIの算出期間を設定するための項目です。


期間を長く設定するとRSIの反応が緩やかになり、ノイズも少なくなります。


反対に期間を短く設定した場合、ノイズが多くなりますが価格への反応は俊敏になります。


「RSI_ApplyPrice」は、RSIの算出に用いる価格の種類を設定するための項目です。


デフォルトの状態では終値に設定されていますが、高値や安値などのほかの価格も指定できます。


「MA_Period」は、RSIの移動平均線の算出期間を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、より滑らかなラインが描写されます。


「MA_Method」は、RSIの移動平均線の算出方法を設定するための項目です。


初期設定では平滑化移動平均に設定されていますが、単純移動平均や指数平滑移動平均なども選択できます。


「MA_Shift」は、移動平均線の表示位置を設定するための項目です。


設定した値に応じて、移動平均線の位置が左右に移動します。


まとめ


「rsi_filter」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. RSIとRSIの移動平均線を表示する

  2. RSIのトレンドを分析できる


「rsi_filter」は、RSIが向かっている大まかな方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


RSIをよく使用する方は、一度試してみるとよいでしょう。

関連記事