FXで何やっても勝てなくて、やったコト

パラボリックSARをもとにトレンドの転換および始まりを示唆するシグナルを表示するMT4インジケーター『0_IndInverse』

更新日時:2019年12月02日 23:39

0_IndInverseスクリーンショット


値動きの転換を分析することは、トレンドの転換を捉えるだけではなくトレンドの押し目でエントリーする際にも役立ちます。


「0_IndInverse」は、値動きが転換した箇所にマーカーを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 値動きの転換を分析したい方

  2. トレンドフォロー系の手法を使用している方


この記事ではそういった方のために、「0_IndInverse」について解説していきます。


  1. 0_IndInverseの概要
  2. 0_IndInverseを表示する方法
  3. 0_IndInverseのパラメーター解説
  4. まとめ

0_IndInverseの概要


「0_IndInverse」は、トレンドの転換およびトレンドの始まりを示唆するインジケーターで、ゼロラインを上から下抜けたときに下向きの赤矢印を表示し、逆にゼロラインを下から上抜けたときに上向きの緑矢印を表示します。


インジケーターの値がゼロラインより上で推移している場合は、価格が上昇している状態で、ゼロラインより下で推移している場合は、価格が下降している状態であることを示しています。


詳細な計算方法等は不明ですが、どうやらパラボリックSARをもとにシグナルを表示しているようで、トレンドの転換や始まりを捉えたり、押し目買い戻り売りの判断材料にしたりすることができそうです。


ただ、トレンドの方向性が無いレンジ相場では頻繁にゼロラインをクロスしシグナルを出すため、他のインジケーターでフィルタリングをしながら使用すると良いかと思います。


ゼロライン付近で上下しているときは頻繁にダマしシグナルが出ますが、ほかのインジケーターと併用すればうまくトレンドの始まりを捉えうるインジケーターです。


0_IndInverseを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

0_IndInverseのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


0_IndInverse


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


0_IndInverseのパラメーター解説


0_IndInverseパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「0_IndInverse」のパラメーターは、インジケーターの算出期間を設定する項目と、インジケーターを表示する範囲を設定する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

iPeriod

期間


初期値:1


インジケーターの算出期間を設定します。

cbars

カウントするバー


初期値:1000


インジケーターを表示する範囲を設定します。


初期設定の状態では、価格に対する反応が速い設定になっていますので、自身が取引している相場に合わせて「iPeriod」の値を調整しましょう。


まとめ


「0_IndInverse」について解説してきましたが、要点をまとめると以下の通りです。


  1. 緑矢印は価格が上昇に転換したことを示している。

  2. 赤矢印は価格が下降に転換したことを示している。

  3. 方向感のない相場ではダマしのシグナルが多い。


「0_IndInverse」は、値動きの転換を捉えたい方に向いているインジケーターです。


方向感のない相場ではダマしのシグナルが多くなりますので、ほかのインジケーターや手法と組み合わせて使用することをおすすめします。

関連記事