FXで何やっても勝てなくて、やったコト

2本の指数平滑移動平均とパラボリックSARを基にしたシグナルを記号で表示するMT4インジケーター「YANS_IND_04」

更新日時:2020年10月01日 03:49

YANS_IND_04スクリーンショット


トレンドが転換する兆候を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「YANS_IND_04」は、トレンドが転換する兆候をマーカーで表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドが転換する兆候を分析したい方

  2. 移動平均線をよく使用する方

  3. パラボリックSARに触れたことがある方


この記事では上記のような方のために、「YANS_IND_04」について解説します。


  1. YANS_IND_04の概要
  2. YANS_IND_04を表示する方法
  3. YANS_IND_04のパラメーター解説
  4. まとめ

YANS_IND_04の概要


「YANS_IND_04」はパラボリックSARと移動平均線をもとにしたインジケーターで、Ron Tによって開発されました。


移動平均線は算出期間の異なる2本の指数平滑移動平均線が用いられ、算出期間は10と40にそれぞれ設定され、ゴールデンクロスが出現した場所には白い四角い記号が表示され、デッドクロスが出現したポイントには赤い四角が表示されます。


パラボリックSARの上昇/下降の期間が一定以下の状態で、ドットの表示が切り替わると相場の向かっている方向に応じた矢印が表示され、上昇の場合は白い上向きの矢印、下降の場合は赤い下向きの矢印が表示されます。


また、パラボリックSARのドットと40期間指数平滑移動平均線がゴールデンクロスしたポイントには白いドット、レッドクロスしたポイントには赤色のドットが表示されます。


インジケーターによって表示される記号には白で表示されるものがありますので、チャートの背景色を白にしている場合は、チャートの背景色を変更するか表示する記号の色を変更しましょう。


記号の色を変更するにはチャート上で右クリックし、「表示中のインジケーター」→「YANS_IND_04」→「色の設定」から変更することができます。


ベースになっているインジケーターは全てトレンドフォロー系のインジケーターですので、トレンドの追跡は得意なようですが、他のトレンドフォロー系のインジケーターと同様に動意の薄い相場での使用は避けた方が良いかもしれません。


また、パラメーターの調整ができないため通貨ペアや相場の状況によってはうまく機能しない可能性もありますので、いきなり本番で使用するのも避けた方が良いでしょう。


YANS_IND_04を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

YANS_IND_04のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


YANS_IND_04


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


YANS_IND_04のパラメーター解説


YANS_IND_04パラメーター画像


「YANS_IND_04」に、トレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

無し

設定可能なパラメーター項目はありません。


まとめ


「YANS_IND_04」について解説してきましたが、要点をまとめると次のようになります。


  1. 白い四角形が表示された場合は移動平均線がゴールデンクロスしたことを示している。

  2. 赤い四角形が表示された場合は移動平均線がデッドクロスしたことを示している。

  3. 上向きの白い矢印が表示された場合はパラボリックSARが上昇に切り替わったことを示している。

  4. 下向きの赤い矢印が表示された場合はパラボリックSARが下降に切り替わったことを示している。


「YANS_IND_04」は、トレンドが転換する兆候を捉えたい方に向いているインジケーターです。


どの程度うまく機能するのか、バックテストで確認した上で使用した方が良いでしょう。

関連記事