FXで何やっても勝てなくて、やったコト

スワップポイントとスプレッド両方をリアルタイム表示するMT4インジケーター『spread_swap』の使い方

更新日時:2018年09月19日 19:42

mt4spread_swapSS02


長い期間ポジションを持つタイプの方で、スプレッドだけでなくスワップポイントもリアルタイムで確認したいと思った事があるトレーダーさんは意外と多いのではないでしょうか?


MT4には痒い所に手が届くインジケーターがあります。


今回は、スワップポイントとスプレッドの両方をリアルタイムで表示してくれるMT4インジケーター『spread_swap』の使い方を解説していきます。

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

インジケーターの入手


まずはインジケーターを入手しましょう。下記の参考サイトからダウンロードして下さい。

『spread_swap』の配布元サイトです。


メタトレーダーインジケータ集

spread_swapのパラメーターの解説


『spread_swap』には、特にパラメータというものはなく、インジケーターをインストール・表示させれば、スワップポイントとスプレッドを表示してくれます。


ただ、人によってはフォントサイズを調整したいと思う人もいるかも知れません。


その場合には、MT4のメニューから『ツール』→『メタエディター』をクリックします。


そうすると以下のような画面が出ます。


spread_swapSS01


左のペインから『indicators』→『spread_swap』をクリックします。


そうすると右側のペインにインジケーターのコードが表示されますので、赤い枠で囲った部分を修正します。


赤い枠で囲った部分の数字はフォントサイズ、その隣の『Ariai Black』という部部分はフォント、『Blue』とか『Red』という部分は色となります。


表示が見にくいという場合には適宜修正して使用しましょう。

関連記事