FXで何やっても勝てなくて、やったコト

2本のラインでトレンドのシグナルを表示するMT4インジケーター「StepMA_Stoch_v1.1」

更新日時:2020年12月27日 10:59

StepMA_Stoch_v1.1スクリーンショット


トレンドを始まりを捉えられるインジケーターを試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「StepMA_Stoch_v1.1」は、ストキャスティクスをベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンドを捉えたい方

  2. トレンドにエントリーするタイミングを分析したい方


上記のような方のためにこの記事では、「StepMA_Stoch_v1.1」について解説します。


  1. StepMA_Stoch_v1.1の概要
  2. StepMA_Stoch_v1.1を表示する方法
  3. StepMA_Stoch_v1.1のパラメーター解説
  4. まとめ

StepMA_Stoch_v1.1の概要


インジケーターを起動すると、サブウィンドウ上に黄色と水色とラインが表示されます。


黄色のラインは算出期間中の最小レンジの平均をもとに算出され、水色のラインは最小レンジと最大レンジの中間値をもとに算出されています。


黄色のラインが水色のラインを下から上に抜けて上昇している場合は、上昇トレンドが発生した可能性を示唆しています。


反対に、黄色のラインが水色のラインが上から下に抜けて下降している場合は、下降トレンドが発生した可能性を示しています。


StepMA_Stoch_v1.1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

StepMA_Stoch_v1.1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


StepMA_Stoch_v1.1


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


StepMA_Stoch_v1.1のパラメーター解説


StepMA_Stoch_v1.1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「StepMA_Stoch_v1.1」のパラメーターは、インジケーターの算出期間を設定をするための項目とステップを設定するための項目、算出方法を設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

PeriodWATR

期間


初期値:10


トレンドを検出する期間を設定します。

Kwatr

ステップ


初期値:1.000


レンジの平均値に乗算する値を設定します。

HighLow

算出方法


初期値:0


インケーターの算出モードを設定します。


「PeriodWATR」はインジケーターの算出期間を設定するための項目で、長い期間に設定するとインジケーターの振り幅が大きくなります。


「Kwatr」はステップを設定するための項目で、小さな値に設定するとインジケーターの感度が高くなりますが、ノイズも多くなります。


「HighLow」は、トレンドの判定に用いる価格の種類を設定するための項目です。


1に設定した場合は高値と安値を使用し、0以上に設定した場合は終値が使用されます。


まとめ


「StepMA_Stoch_v1.1」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ストキャスティクスがベースになっている。

  2. 黄色のラインが水色のラインより高い水準で上昇している場合は、上昇トレンドが発生した可能性を示している。

  3. 黄色のラインが水色のラインより低い水準で上昇している場合は、下降トレンドが発生した可能性を示している。


「StepMA_Stoch_v1.1」は、トレンドが発生しているかどうかを分析したい方に向いているインジケーターです。


概ねトレンドの発生を捉えられているようですが、トレンドに逆らったシグナルが出ている場合はダマしの可能性が高いので、エントリーは避けた方が良いでしょう。

関連記事