FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ストキャスティクスとCCIをもとにしたエントリーのタイミングを矢印で表示するMT4インジケーター「StochCross_CCI」

更新日時:2021年02月14日 16:08

StochCross_CCIスクリーンショット


トレンド相場でのエントリーのタイミングを分析できるインジケータがあればと考えたことはないでしょうか。


「StochCross_CCI」は、ストキャスティクスとCCIをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンド相場でのエントリーのタイミングを分析したい方

  2. サイクルを考慮して取引している方


上記のような方のためにこの記事では、「StochCross_CCI」について解説します。


  1. StochCross_CCIの概要
  2. StochCross_CCIを表示する方法
  3. StochCross_CCIのパラメーター解説
  4. まとめ

StochCross_CCIの概要


「StochCross_CCI」を起動すると、チャート上に矢印が表示されます。


「StochCross_CCI」は、ストキャスティクスと2種類のCCIを用いて、長期的なサイクルと短期的なサイクルを考慮してシグナルを表示しています。


上向きの青色の矢印は買いシグナル、下向きの赤色の矢印は売りシグナルです。


StochCross_CCIを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

StochCross_CCIのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


StochCross_CCI


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


StochCross_CCIのパラメーター解説


StochCross_CCIパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「StochCross_CCI」のパラメーターはストキャスティクスに関する項目と、CCIに関する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

KPeriod1

%Kの期間


初期値:5


ストキャスティクスの%Kの算出期間を設定します。

DPeriod1

%Dの期間


初期値:3


ストキャスティクスの%Dの算出期間を設定します。

Slowing1

スローイング期間


初期値:3


ストキャスティクスのスローイング期間を設定します。

MAMethod1

移動平均の種類


初期値:1


ストキャスティクスに使用する移動平均の種類を設定します。

PriceField1

適用価格


初期値:0


ストキャスティクスの適用価格を設定します。

TrendCCI_Period

トレンドCCIの期間


初期値:50


トレンドCCIの算出期間を設定します。

EntryCCI_Period

エントリーCCIの期間


初期値:14


エントリーCCIの算出期間を設定します。

AlertOn

アラート


初期値:false


trueに設定するとアラートが有効になります。


「MAMethod1」はストキャスティクスの算出に用いる移動平均の種類を設定するための項目です。


0に設定すると単純移動平均、1は指数平滑移動平均、2は平滑移動平均、3に設定すると加重移動平均が適用されます。


「AlertOn」はアラートを使用するか否かを設定するための項目です。


trueに設定するとアラートが有効になり、falseに設定すると無効になります。


まとめ


「StochCross_CCI」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ストキャスティクスとCCIがベースになっている。

  2. 青色の上向きの矢印は買いシグナル。

  3. 赤色の下向きの矢印は売りシグナル。


「StochCross_CCI」は、トレンドでエントリーするタイミングを分析したい方に向いているインジケーターです。


レンジ相場ではノイズが多くなるため、使用は避けた方が良いでしょう。

関連記事