FXで何やっても勝てなくて、やったコト

EMAをもとに算出したストキャスティクスを表示するMT4インジケーター「StrangeIndicator」

更新日時:2021年03月15日 23:04

StrangeIndicatorスクリーンショット


ストキャスティクスはテクニカル分析においてよく使用されるインジケーターのひとつですが、ノイズに悩まされた経験はないでしょうか。


「StrangeIndicator」は、移動平均線をもとに算出したストキャスティクスで次のような方に向いています。


  1. ストキャスティクスのノイズに悩まされている方

  2. 過去のレンジに対して、直近の価格がどの程度の水準にあるのかを確認したい方


この記事では以上のような方のために、「StrangeIndicator」について解説します。


  1. StrangeIndicatorの概要
  2. StrangeIndicatorを表示する方法
  3. StrangeIndicatorのパラメーター解説
  4. まとめ

StrangeIndicatorの概要


「StrangeIndicator」を起動すると、サブウィンドウ上に青色のラインが表示されます。


「StrangeIndicator」は、指数平滑移動平均の値を用いて算出したストキャスティクスの%Kを表示するインジケーターです。


このインジケーターは以下の様に算出されます。


EMAclose=終値の「shift」期間指数平滑移動平均


EMAlow=安値の「shift」期間指数平滑移動平均


EMAhigh=高値の「shift」期間指数平滑移動平均


StrangeIndicator=(EMAclose-EMAlow)/(EMAhigh-EMAlow)×100


価格をそのまま使用するのではなく、移動平均線の値を使用しているため、通常のストキャスティクスよりもノイズが少なくなっています。


StrangeIndicatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

StrangeIndicatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


StrangeIndicator


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


StrangeIndicatorのパラメーター解説


StrangeIndicatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「StrangeIndicator」のパラメーターは、移動平均の算出期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

shift

移動平均の期間


初期値:5


移動平均の算出期間を設定します。


「shift」は移動平均の算出を設定するための項目です。


終値のEMA、安値のEMA、高値のEMAの算出期間を設定します。


長い期間に設定すると「StrangeIndicator」のノイズが少なくなり、短い期間に設定するとノイズが多くなりますが、値動きへの反応が俊敏になります。


まとめ


「StrangeIndicator」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 移動平均のストキャスティクスの%Kを表示する。

  2. 一定期間中の平均的なレンジに対して現在の価格がどの程度の水準にあるのかを表示。


「StrangeIndicator」は過去のレンジに対して、現在の価格が買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかを分析したい方に適したインジケーターです。


通常のストキャスティクスとは算出方法や表示が異なるため、同じように機能するのかを確認した上で使用した方が良いでしょう。

関連記事