FXで何やっても勝てなくて、やったコト

算出期間の異なるストキャスティクスの%Kを3つ表示するMT4インジケーター「stoneaxe_x4x_667」

更新日時:2021年03月07日 21:42

stoneaxe_x4x_667スクリーンショット


値動きの方向を分析できるオシレーターを試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「stoneaxe_x4x_667」は、ストキャスティクスをベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 値動きの向きを分析したい方

  2. ストキャスティクスをよく使用する方


この記事では以上のような方のために、「stoneaxe_x4x_667」について解説します。


  1. stoneaxe_x4x_667の概要
  2. stoneaxe_x4x_667を表示する方法
  3. stoneaxe_x4x_667のパラメーター解説
  4. まとめ

stoneaxe_x4x_667の概要


「stoneaxe_x4x_667」を起動すると、サブウィンドウ上に3本のラインが表示されます。


各ラインの算出方法は以下の通りです。


赤色のライン=2×(終値-「N1」期間中の最安値)/(「N1」期間中の最高値-「N1」期間中の最安値)


緑色のライン=2×(終値-「N2」期間中の最安値)/(「N2」期間中の最高値-「N2」期間中の最安値)


青色のライン=2×(終値-「N3」期間中の最安値)/(「N3」期間中の最高値-「N3」期間中の最安値)


通常、ストキャスティクスは%Kと%Kを平滑化した%Dを表示しますが、「stoneaxe_x4x_667」は、算出期間の異なる3種類の%Kを表示します。


ラインが上らか赤、緑、青の順に並んでいる場合、価格が上昇していることを示しています。


反対に、下から赤、緑、青の順に並んでいる場合は、価格が下降している状態です。


ノイズがやや多いため、「stoneaxe_x4x_667」のみでエントリーのタイミングを判断するのは難しいでしょう。


stoneaxe_x4x_667を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

stoneaxe_x4x_667のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


stoneaxe_x4x_667


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


stoneaxe_x4x_667のパラメーター解説


stoneaxe_x4x_667パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「stoneaxe_x4x_667」のパラメーターは、それぞれの%Kの算出期間を設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

N1

1つ目の%Kの期間


初期値:8


%Kの算出期間を設定します。

N2

2つ目の%Kの期間


初期値:24


%Kの算出期間を設定します。

N3

3つ目の%Kの期間


初期値:89


%Kの算出期間を設定します。


「N1」「N2」「N3」は、%Kの算出に用いる最高値・最安値を検出する期間を設定するための項目です。


長い期間に設定すると長期的な高値・安値が検出されるため、インジケーターの反応が緩やかになります。


反対に短い期間に設定すると、短期的な高値・安値が検出されるため、反応が俊敏になります。


まとめ


「stoneaxe_x4x_667」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ストキャスティクスの%Kを表示する。

  2. N1は赤色、N2は緑色、N3は青色のラインで表示される。


「stoneaxe_x4x_667」は、トレンドの方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


先述の通りノイズが多いため、「stoneaxe_x4x_667」単体での使用は避けた方が良いでしょう。

関連記事